「アウトレット」の意味と正しい使い方とは?

スポンサーリンク

みなさんは「アウトレット」という言葉を聞いたことがありますか?一度は聞いたことがある方が多いと思います。ですが、聞いたことはあっても「アウトレット」という言葉の意味や使い方まで深く考えたり調べたりしたことがある方は少ないはずです。

今でこそ一般的な言葉になりましたが、以前はそんなことはありませんでした。「アウトレット」のように、時代が進むにつれて日本語はどんどん新しい言葉が生まれてきています。

「アウトレット」というと一般的にショッピングモールを思い浮かべる方は多いと思いますが、その意味は1つのみではありません。

スポンサーリンク

ここでは今回、普段よく耳にする「アウトレット」について詳しく調べて、その意味や使い方をご紹介していきたいと思います。

「アウトレット」という言葉の意味とは?

よく耳にする「アウトレット」という言葉、英語の「outlet」という言葉から来ています。直訳すると、(液体・気体等の)出口、(感情などの)はけ口、(商品の)はけ口・販路・市場・マーケットといった意味や、販売代理店など様々な意味を持った言葉です。

また、もう一つの意味として、(電気の)差し込み口・コンセントという意味も持っています。「アウトレット(outlet)」という言葉に「コンセント」という意味があるとは驚きですよね。

母国語が英語の外国人が日本に来て驚くことの一つに、「アウトレット(outlet)」の意味・使い方が挙げられるそうです。

ですが、日本での一般的な意味としては「通常の値段よりも安く売られているショッピングモール」です。観光地にもなっている場合が多いので行ったことがある方は多いのではないのでしょうか。

スポンサーリンク

ではなぜ、「アウトレット」という日本語は「通常の値段よりも安く売られているショッピングモール」」という意味なのでしょうか?

実は、英語で「outlet」の意味である「(液体・気体等の)出口、(感情などの)はけ口、(商品の)はけ口」というところから転じて、「在庫処分品・商品のはけ口」といった意味合いでの使い方がされているからです。

「アウトレット」という言葉の使い方とは?

「アウトレット」の意味が分かったところで、ここからはこちらの言葉の使い方をご紹介したいと思います。

例えば
・こちらは、アウトレット商品です。

・アウトレットでお得に欲しかったスニーカーを買うことができた。

・最近オープンしたばかりのアウトレットはとても賑わっている。

基本的には「通常の値段よりも安く売られている(在庫処分品のおいてある)ショッピングモール」という1つの使い方のみなので、わかりやすいですね。

いかがでしたか?
よく耳にする言葉でも改めて調べてみると知らない事が多くて面白いものですね。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ