「インセンティブ」という言葉の意味や正しい使い方は?

「インセンティブ」という言葉を知っているでしょうか。「インセンティブ」という言葉は、よく耳にするという人もいれば、あまり聞いたことがないという人もいるでしょう。
特に、企業に勤めている社会人は、「インセンティブ」という言葉を聞いたことがある人は多いでしょうが、
小学生から大学生までの社会人経験のない人たちには、聞きなれていない言葉ではないでしょうか。

昨今、英語や諸外国語をカタカナで日本語に取り入れた外来語が頻繁に使用されるようになりましたが、
「インセンティブ」という言葉は使用者がまだ限定的なため、あまり認知されていない言葉です。

スポンサーリンク

「インセンティブ」はどのような意味があり、どのような使い方をするのか知らないという人のためにも、
今回は「インセンティブ」の意味や使い方について見ていきます。

「インセンティブ」の意味とは?

「インセンティブ」という言葉は、英語のincentiveという単語に由来します。
その英語のincentiveは、「刺激」や「動機」、また「報奨金」という意味をもつ単語です。

日本で使われる「インセンティブ」も「刺激」や「動機」という意味で用いられますが、
日本語では「やる気を起こさせるような刺激」と、少々意味合いもプラスされています。

ただし、「モチベーション」とは違って自発的ではなく、外部要因によってやる気を引き起こされるという点には注意しましょう。
そのため、経営者が企業や組織などの行動を促す動機付けを意味するために使うことが多いです。

スポンサーリンク

また、incentiveに「報奨金」という意味があるように、日本語の「インセンティブ」も営業や販売の目標を達成するために用意されたボーナスなど、
給料以外に特別にもらえる報酬を意味していることもあります。

以上から、「インセンティブ」には「やる気を起こさせる刺激」、より具体的に「やる気を起こさせるための報酬」という意味があります。

「インセンティブ」の使い方は?

「インセンティブ」の意味をおさえた上で、例文を用いて「インセンティブ」の使い方を確認していきましょう。

「インセンティブが働く」

ここでの「インセンティブ」の使い方は、意欲を引き出すための刺激としての報酬が、上手く機能して人のやる気を引き起こしていることを言います。

「インセンティブを与える」
企業の経営者側は、このような「インセンティブ」の使い方をします。
経営者や雇い主が、やる気を起こさせ士気を高めたい場合に与える何らかの報酬が「インセンティブ」にあたります。

「販売実績を考慮してインセンティブを支給します」

この文章は、上記の「インセンティブを与える」を応用した使い方です。
この「インセンティブ」の使い方だと、社員は努力して販売実績をあげることで、給料とはプラスで何らかの報酬がもらえるということが分かり、
結果的にやる気を出すことにつながります。

このように、「インセンティブ」は主にビジネス面で使われることが多いので、ぜひ覚えておきましょう。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ