「オブザーバー」の意味と使い方とは?「アドバイザー」とは全く異なる意味があった!

ビジネス用語として、使われていることが多いです。
会議や、プレゼン、現場など、さまざまな所でオブザーバーは使われます。

ビジネス用語は、カタカナ用語が多いので覚える言葉がたくさんありますね。
仕事や、ニュース・ビジネス記事にも良く見聞きする言葉の部類に入ります。

最近ではマインクラフトのゲームでも使われています。
意味・使い方としては、基本的に同じです。

スポンサーリンク

マインクラフトは、ボックス型のゲームを指しています。
このゲームの中に、オブザーバーがあります。

そしてゲームアプリを作成する時も、よく登場する言葉なのです。
ビジネス的にも、マインクラフトのゲームアプリ開発にも覚えておくと良いです。

それでは、オブザーバーの意味と使い方をご説明します。

ゲームにまで使われているオブザーバーの意味は何?

オブザーバーは、観察者、監視者と言う意味になります。
スペルは、Observerです。

元々、ラテン語のobserve(意味は同じ)が語源となっています。
ビジネス用語として使う時は、傍聴者、会議の出席者と言う意味になります。

出席者ではありますが、発言権や、提案することができる場合も指しています。
しかし、決議や、投票権などは持っていない人と言う位置になります。

スポンサーリンク

監視者と言う意味もあるので、会議の進行、工事現場などの監視役にも当てはまります。
マインクラフトのゲーム内でも、同じ意味を持っています。

監視役的役割のあるゲームということで、一定の条件が揃えば、自動で作業をしてくれるシステムの事をオブザーバーブロックと言います。
今では、いろいろな場面でオブザーバーの存在があります。

裏で違法なことが行われていないか、スケジュール通りに運んでいるかチェックするなど、そう意味で監視役を置くケースが増えている時代です。

監視役「オブザーバー」の使い方の文例

「今日の会議は、海外支社からオブザーバーが来るそうだ」。今日の会議に、海外支社の人が見に来ると言う意味です。
傍聴だけなのか、まじめにやっているか監視に来ているのかを見極めるのは、相手の地位を考えれば想像つくでしょう。

「新築マンションの工事に当たり、家主側のオブザーバーが置かれるそうだ」。
マンション建設に当たり、手抜き工事、作業進行具合の監視を行う立場の人を置くことになったと言う意味です。

「国際連合総会オブザーバーが来るそうだ」。
国連の議会に関連する団体や組織が、投票権や、発言権を持たずに、国連を傍聴しに参加すると言う意味です。

「今日の新人研修で、部長がオブザーバーに着くらしい」。
新人として出席して、研修の内容を吟味しているのでしょう。

今後のための新人教育に関して監視と、体験することで何かを得ようとしているのでしょうね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ