「ギミック」という言葉の意味や正しい使い方とは?

 

ゲーム関連、イベント、パチンコ、パチスロなどでよく使われる言葉で「ギミック」という言葉があります。
最近では、娯楽系以外の広告宣伝など、ビジネス用語としてギミックと書かれていて、お客様やユーザーの興味を誘っています。

使い方がいろいろあり、誤解をされてしまうことがありそうです。
ギミックの意味とは、どんなものなのでしょうか?

その使い方はどのようなものでしょうか?
本来は同じ意味ではありますが、ギミックその物の意味を勘違いされている

スポンサーリンク

ビジネス用語として使われることに誤解が生じたり、意味が伝わらないケースになることもあります。
娯楽系、ビジネス・マーケティング用語として使われるギミックの意味と使い方をご紹介します。

いろいろな場面で使われるギミックの本当の意味

ギミックは「仕掛け、からくり、トリック」という意味です。
英語でgimmickです。

パチンコ・パチスロで激熱リーチに変わる時、その台に隠れているアイテムが突然動き出したりすることをギミックと言います。
激熱になる事や強くなる事がギミックの意味ではありません。正確には、「からくり仕掛け」その物がギミックの意味です。

そのアイテムが出て熱くなることや、強くなることをギミックと覚えると、ビジネス用語のギミックが使い方として意味が分からなくなります。
ドキドキさせる仕掛けやトリックがギミックの本来の意味なのです。

それを踏まえて、ビジネス・マーケティング用語のギミックは、「今回のチラシにはギミックがあります」と言うと、
今回の企画には、「何かワクワクする仕掛けが盛り込まれたチラシです」と言う意味になります。

スポンサーリンク

応募クイズの答えが隠されていたり、水で濡らすと字が浮き上がったりする事をギミックと言います。

ギミックを上手に利用する使い方のご紹介

誰でも利用できるギミックの使い方や例文などをご紹介します

例1、友人にあてる手紙の封筒の裏に、「この手紙はギミックがあります」と書いておき、友人がこれを開けると中から3Dの立体カードが出てくる仕掛けができます。
くじを入れておくこともできます。くじの中身は自由に書いて送れば、相手にワクワクする仕掛けを楽しんでいただけます。

例2、ビジネスで、新しい商品販売をする時にギミックを仕込んでおきます。
その商品に驚きの付加価値をつけることで、インパクトを与える意味でも面白い企画になります。
仕掛けとしては、「商品のシールをはがすギミックがここにあります」と宣伝します。プレミア商品が当たるように設定しておけます。

例3、これからは、アイデアと発想の時代なので、商売で成功するためギミックのやり方を勉強することにしました。

こんな感じでギミックという言葉を使います。
ちなみにギミックとは大きな仕掛けの時は使いません。ちょっとしたサプライズに適した意味を持っています。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ