「クラウド」という言葉の意味や正しい使い方とは?

今や激動のIT時代を迎え、コンピュータやスマホを使いこなす人が多くいます。

そんな中で登場した「クラウドコンピューティング」という言葉。

「クラウド」と省略されて言われることも多いですが、
パソコンやスマホなどにあまり詳しくない人にとっては難しい言葉です。

「クラウド」をはじめとするIT関連の言葉は、職場や学校で使われる機会も多くなってきました。

会社によっては日々IT関連の言葉が飛び交っているところもあり、
IT関連の言葉の意味を知っている前提で話が進められることもあります。

そのため、「クラウド」などのIT関連の言葉の意味や使い方は、ぜひとも覚えておくべきです。

スポンサーリンク

そこで今回は、「クラウド」の意味を解説したうえで、使い方をみていきます。

「クラウド」の意味とは?

「クラウド」という言葉は、英単語のcloudに由来します。cloudという単語は「雲」や「ほこり」といった意味があります。
また、crowdという英単語もあり、これも日本語にすると「クラウド」と発音しますが、「群集」や「人ごみ」というように意味が大きく異なります。

日本語で使われる「クラウド」は「雲」などの意味もありますが、主にIT関連の言葉として使われます。
そのときは、「インターネットサーバー」を意味します。この「インターネットサーバー」を使うことで、文書や写真などのデータファイルをインターネットに保存しておくことができます。
これにより、パソコンやスマホなどのさまざまな端末から、データファイルを開くことができるようになりました。

スポンサーリンク

では、なぜインターネットサーバーに「クラウド」という言葉が使われるのでしょうか。
それは、ネットワークを表現するときは昔から雲を使っていたからという説が有力です。

このように、「クラウド」は「インターネットサーバー」を表します。

「クラウド」の使い方は?

「クラウド」の意味を確認した上で、使い方をみていきましょう。

「そのファイルをクラウドに保存しといて」

この「クラウド」の使い方の場合、インターネットサーバーにファイルを保存しておくことで、他の人とファイルを共有することができるということが窺えます。

「クラウド写真サービスにより、さまざまな写真を見ることができる」

この使い方だと、インターネットサーバーに写真が保存されており、いろいろな写真を見ることができるということが分かります。
Instagram(インスタグラム)などがこれにあたります。

「クラウドにメールが保存されるので安心だ」

この使い方だと、インターネットサーバーにメールが保存されているので、パソコンやスマホが壊れても安心できるという意味になります。
Gmailなどは「クラウド」にメールが保存されています。

このように、「クラウド」はさまざまな場面で使われる言葉です。
今後も「クラウド」はどんどん進歩していって人々に使われていくようになるので、ぜひ「クラウド」の使い方を覚えておきましょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ