「コミットメント」の意味や正しい使い方とは?

「コミットメント」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。最近になって、わりと頻繁に使われるようになった言葉です。
なので、頻繁に聞く、または使うという人も多いかもしれません。

「コミットメント」をはじめ、多くのカタカナ言葉が日本語として定着してきました。
しかし、カタカナ言葉は意味や使い方を詳しく調べないで、何となく使ってしまうことが多々あります。

それがカタカナ言葉の魅力の一つかもしれませんが、使うなら正しい意味できちんとした使い方で使いたいものです。
ボキャブラリーを増やすという意味でも、意味や使い方を覚えておくのは重要です。

スポンサーリンク

そこで今回は、「コミットメント」の意味を確認し、使い方をみていきましょう。

「コミットメント」の意味は?

「コミットメント」は、英単語のcommitmentに由来します。commitmentには「約束」や「公約」、「確約」、「義務」、「委託」など、多様な意味があります。
日本で使われる「コミットメント」も同様に、「約束」や「確約」、「公約」などの意味で使われます。
さらに、「かかわり」や「関与」、「介入」という意味で使われることも多いです。

上記のような意味のため、同時に「責任」を伴った言葉でもあります。「責任」を伴っていないときは、基本的に「コミットメント」は使いません。
そのため、責任重大な外交等の政治的な場面や金融関係などの経済面で使われることが多いです。
「コミットメント」を使った場合は、大きな「責任」があるということを覚えておきましょう。

スポンサーリンク

このように、「コミットメント」は「責任を伴った」上での「約束」や「かかわり」を意味します。

「コミットメント」の使い方は?

「コミットメント」の意味を確認した上で、使い方をみていきましょう。

「近隣諸国とのコミットメントを重視する」

この「コミットメント」の使い方だと、「責任」をもって近隣諸国との「かかわり」を守らなければならないということが窺えます。

「インフラ整備を進めることをコミットメントとして掲げた」

この使い方の場合、インフラ整備という「公約」を「責任」をもって掲げたということが分かります。

「ついに金利のコミットメントを示した」

この使い方だと、金利について「責任」をもって「約束」することを示したという意味になります。

このように、多様な意味があるため、文脈をしっかり判断して和訳しなければなりません。また、使う場面も難しいので、とてもハイレベルな言葉だといえます。
とはいえ、使われる場面が増えてきているので、ぜひ使い方を覚えておきましょう。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ