Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「シンパシー」の意味や使い方は?

「シンパシーを感じる」といったように、「シンパシー」という言葉を聞く機会がよくあります。
アイドルの恋愛系の曲の歌詞や曲名にも使われる言葉なので、比較的よく使われる言葉です。
そのため、「シンパシー」を異性の人から使われると、少しドキッとしてしまうかもしれません。

「シンパシー」のようなカタカナ言葉は、よく使われているため、何となく意味や使い方を意識せずに使うことがあります。
ですが、意味や使い方を知っておけば、誤解やトラブルを招くのを防ぐことができます。

スポンサーリンク

「シンパシー」のような何となくドキッとしてしまうような言葉は、なおさら意味や使い方を知っておいた方がいいでしょう。
そこで今回は、「シンパシー」の意味を確認した上で、使い方をみていきます。

「シンパシー」の意味は?

「シンパシー」は、英単語のsympathyに由来します。sympathyには、「同情」や「思いやり」、「共感」、「共鳴」という意味があります。
sympathyはギリシャ語で「仲間意識をもっている」を意味する、sympathēsという単語に起源をもちます。

日本語の「シンパシー」も同様で、「同情」や「共感」、「共鳴」といった意味で使われます。
特に、意見が一致したとき、また趣味が合ったときなどに「共感」や「共鳴」と言う意味で使われることが多いです。

上記の「シンパシーを感じる」というのは、たとえ異性から言われた場合でも深い意味はなく、意見や趣味が一致したことに対する「共感」を感じるという意味になります。
恋愛系の曲で使われることが多いですが、「シンパシー」自体には恋愛と関係する意味はありません。

スポンサードリンク

以上から、「シンパシー」は「共感」や「共鳴」といった意味になります。

「シンパシー」の使い方は?

「シンパシー」の意味を確認した上で、使い方をみていきましょう。

「先輩の意見はすばらしいのでシンパシーを感じます」

この「シンパシー」の使い方だと、先輩の意見に「共感」するという意味になります。

「ラテンアメリカが好きな人は少ないので、あなたとはシンパシーを感じます」

この使い方の場合も同様で、話し相手の人と好きなものが一致して「共感」しているということが分かります。

「新しいアメリカ大統領は世間からかなり批判をあびているが、私はどこかシンパシーを感じる」

この使い方だと、アメリカ大統領の掲げる政策が話し手にとっては理解でき、「共感」しているということが窺えます。

このように、「シンパシー」は「共感」や「共鳴」を示す際に使われる言葉です。
頻繁に使われる言葉なので、ぜひ「シンパシー」の使い方を覚えておきましょう。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ