「ジーザス」の意味や正しい使い方は?

「オウ、ジーザス」と外国の人が使っているのを聞いたことがある人は、意外と多いのではないしょう。
海外映画などでは、かなり頻繁に使われることが多いです。

とはいえ、「ジーザス」は日本ではあまり使われない言葉なので、意味や使い方に関しての認知度は低いです。
実際に使おうと思った場合は、映画で使われるようなシチュエーションになったときに、何となくの感覚で使います。
このように、「ジーザス」は日本に入ってきたカタカナ言葉の中では、聞きなれてはいるけれども、なかなか上手く使えない言葉です。

スポンサーリンク

そうはいっても、日本もグローバル化が進んでおり、多くの外国人が日本を訪れます。
そのため、「ジーザス」のように海外で使われることが多い言葉も、意味や使い方を知っておくべきです。

そこで今回は、「ジーザス」の意味を説明した上で、使い方をみていきます。

「ジーザス」の意味は?

「ジーザス」は、英単語のJesusに由来する言葉です。Jesusは「イエス・キリスト」という意味です。
JesusuはYēshūaという、ヘブライ語で「ヤハウェ」を意味する単語が原義になっています。

Jesusはギリシャ語だと「イエス」、英語だと「ジーザス」、またスペイン語だと「ヘスース」と発音します。
このように、国や言語によって読み方がさまざまなのです。

スポンサーリンク

「ジーザス」と映画なので使われている場合は、驚きや狼狽お表しているということです。日本語にあてはめるなら、「ちくしょう!」や「くそっ!」という意味です。
よく聞く「オーマイゴッド(Oh my God)よりも、強い意味で驚きや狼狽を表します。そのため、人によっては不快な表現だと思うそうです。

このように、「ジーザス」は「イエス・キリスト」という意味をもちながら、驚きや狼狽を表す意味でも使われます。

「ジーザス」の使い方は?

「ジーザス」の意味を確認した上で、使い方をみていきましょう。

「日々の恵みをジーザスに感謝する」

この「ジーザス」の使い方の場合は、普通に神としての「イエス・キリスト」という意味で使われています。

「ジーザス」

このように「ジーザス」単体での使い方の場合は、物事が上手くいかなかったときなどに「くそっ!」という意味で使われます。

「ジーザス、車にひかれるところだった」

この使い方だと、「うわっ」と驚きを表現する意味になります。もしくは「ちくしょう!」と車に文句を言っているともとらえられます。

このように、「ジーザス」は「イエス・キリスト」として使われる場合もあれば、驚きや狼狽を表す使い方もできます。
現在の日本ではまだ使われることは少ないですが、もしかしたらそのうち使われるようになるかもしれないので、ぜひ使い方を覚えておきましょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ