Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「スキャンダル」の言葉の意味や使い方とは?「ゴシップ」との違いは何?

週刊誌やお昼のワイドショーなどでよく耳にする機会のある「スキャンダル」という言葉。
企業の不祥事や名誉を傷つけた事件などが怒った時にこの言葉が多く使われています。

このように、テレビや雑誌などの媒体でよく聞くカタカナ言葉は、以外にその言葉の意味を知らないなmんてことはよくありますよね。

それゆえ、ときどき言葉の意味について間違った使い方をしている人もいます。
最近は難しい意味のカタカナ言葉も増えてきているので、意味や使い方をしっかり知っておくに越したことはありませんね。

スポンサーリンク

そこで今回は、「スキャンダル」の意味を確認し、その上で使い方をみていきます。

「スキャンダル」の正しい意味は?

「スキャンダル」は、英単語のscandal[ˈskændəl]に由来します。
scandalには「醜聞」や「恥ずべきこと」、「不名誉な出来事」といった意味があります。

スポンサードリンク

いくつか意味がありますが、現代ではスキャンダルという言葉で言葉の意味やニュアンスがわかる方も多いと思いますが、「ゴシップ」という言葉と違う点は、刑事事件であったり、芸能界で最近何かと話題になっている不倫問題など、不名誉な問題に関する事柄で「スキャンダル」という言葉がよく使われます。

「スキャンダル」の使い方は?

「スキャンダル」の意味をおさえた上で、使い方をみていきましょう。
主に使われるのは以下の言葉です。

「政界スキャンダル」
「その政治家はスキャンダルによって辞任せざるを得なかった」
「そのスキャンダルは5月に発覚した」

普段からよく使われる言葉なので、ぜひ「スキャンダル」の意味や使い方を覚えておきましょう。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ