「ステマ」の意味と使い方は?芸能人が紹介する商品は信じるべき?

インターネットが普及する前から、ステマという言葉はありました。
しかし、ネット上でのお買い物が日常になった今では、このステマという言葉をよく耳にする、目にする様になったことでしょう。

掲示板や、コメント欄で見かける「ステマに気をつけて」という言葉は、どういう意味があるのでしょうか。
ネットで買い物をするユーザーの方には、特に知っておいて欲しい言葉でもあります。

スポンサーリンク

しかし、ステマがすべて悪意のあることではありません。
中には本当に購入して良かったものもあります。

見極める目を養うことも大切ですね。ネット上では、よく考えて商品購入をしたいものです。
いろいろなサイトで調べるなどして、ステマの信憑性を吟味しましょう。

では、ステマについて意味と使い方の説明をします

ネット用語の「ステマ」の意味は?

ステマは、「ステルスマーケティング」の略語です。
「ステルス」は、こっそりと、隠密にと言った意味になります。

「マーケティング」は企業の販売活動の意味です。
合わせると、こっそりと販売すると言うような意味になってきます。

スポンサーリンク

「ステマ」は、ネット上で消費者に成りすまし、コメントやブログなどで商品を褒めちぎり、購入意識をあおっている戦略の一つです。
これがステマの意味となります。

ステマの方法は、2種類あります。

企業が自社商品を、消費者に成りすまし、ネット上に書き込みをします。
もうひとつは、ブロガーなどに報酬を払い、商品購入の感想を書かせます。

広告ではないため、ユーザーは信頼する可能性があります。
よって、「これは、ステマ、気をつけろ」のような文字が飛び交うようになっています。

ステマと書かれていること自体も信憑性が疑われています。

「ステマ」はいつ使う言葉?「ステマ」の正しい使い方とは

「このレビューはステマのようだ」、「最近、ステマが多くて何を信じていいのか、わからない」、「ステマに対する規制をしてほしい」と言う使い方をします。
ステマのほとんどが「やらせ行為」「ねつ造行為」を指しています。

怪しい書き込みや、明らかな過剰宣伝レビューに対してユーザーが「これはステマっぽい」と注意を促したりしています。
しかし、レビューや口コミは、本当にユーザーさんが書かれたものかどうか、正確な判断ができません。

ステマと決めつけるのは考え物になってしまいます。
最近では、ステマの規制も厳しくなってきています。

しかし、日本ではアメリカに比べると、まだまだ規制の基準ができていません。
日本では、グルメ関係で「いいね」を押すことに報酬を払ったりするケースがたくさんあり問題になったこともあります。

これもすべてステマのなせる業ですね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ