「ナンセンス」の正しい意味と使い方とは?

スポンサーリンク

たくさんありすぎて正しい意味や使い方がよくわからないカタカナ言葉。みなさんは、カタカナ言葉が普及した一番の理由をご存知ですか?

理由として、直接的すぎるきつい意味の使い方を、カタカナ言葉に言い換えるとマイルドな印象になり、言った側も受け取った側も気持ちよく会話が出来るという点が挙げられます。

ですが、ぼかした意味での使い方をするあまり、ぼんやりとした雰囲気で言葉の意味や使い方をとらえてしまい正しい意味と使い方が分かりずらくなってしまうというデメリットもあります。

スポンサーリンク

そこで今回は、よく耳にする「ナンセンス」という言葉について詳しく調べて、その正しい意味と使い方についてご紹介していきたいと思います。

「ナンセンス」という言葉の正しい意味とは?

「その考えは、ナンセンスだ。」
などと、日常会話でよく耳にする「ナンセンス」という言葉ですが、この言葉の正しい意味と使い方をご存知でしょうか?

この言葉の意味とは、「馬鹿げていること・意味がないこと」を表す言葉です。先ほどの「その考えは、ナンセンスだ。」という言葉の意味は、「その考えは、馬鹿げている。」といった意味での使い方がされています。

スポンサーリンク

この言葉は英語の「nonsense」からきており「ノーセンス」、つまりセンスが無いといった意味での使い方をします。「センス」という言葉の意味や使い方を知っている方は多いかと思います。「センス」の前にnonを付けて、センスがないという意味です。

「センス」とは、「感覚」という意味で、「感覚がない」と直接的な表現をするより「ナンセンス」と表現する方が柔らかい意味合いでの伝え方・とらえ方が出来るため便利な言葉です。

「ナンセンス」という言葉の正しい使い方とは?

「ナンセンス」という言葉の正しい意味が分かったところで、その正しい使い方についてご紹介したいと思います。

例えば、

・この企画書の内容はナンセンスだ。

・ナンセンスな行動は控えるように。

・ナンセンスだけど、面白い映画だった。

「センスが無い」や、「馬鹿げている」などといった使い方よりも、「ナンセンス」という言い回しの方が柔らかいので、日常会話の中で冗談などで使われることが多い言葉です。

いかがでしたか?
このように「ナンセンス」の正しい意味と使い方が分かれば様々な場面で使うことができるようになります。
意味や使い方をしっかり理解した上で使ってみてくださいね。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ