「パトロン」の正しい意味と使い方とは?

みなさんは「パトロン」という言葉を耳にしたことがありますか?日常会話の中で頻繁に聞いたり見たりする言葉ではありませんが、テレビや雑誌・新聞などで1度は見たり聞いたりしたことがある方は多いかと思います。

言葉とは時代に合わせて常に変化していくものです。その新しい言葉の正しい意味や使い方を知っておかないと、会話をする際すれ違いが起きたり、その言葉を聞いた際も状況をイメージすることができません。

スポンサーリンク

そこで今回は、1度は耳にしたことがある言葉「パトロン」について詳しく調べて、その正しい意味と使い方についてご紹介していきます。

1度は耳にしたことがある「パトロン」の正しい意味とは?

「彼女にはパトロンがいる。」

などと、テレビや雑誌・新聞などで1度は耳にしたことがある「パトロン」という言葉ですが、どのような意味が含まれているかご存知でしょうか?

「パトロン」には、「(人・団体・事業等の)後援者または支援者」や「常連客」という意味があります。「(人・団体・事業等の)後援者または支援者」という意味は転じて、「愛人に資金援助して生活の面倒をみる人」といった意味も持っており、「パトロン」の一番ポピュラーな使い方でもあります。

スポンサーリンク

「常連客」という意味も広い意味でとらえれば、そのお店の「支援者」ですよね。会社やお店などでは毎日毎日新規客で売り上げを作るわけではありません。みなさんの周りにも、「常連客」で売り上げを支えて(支援)いるような会社やお店もあるのではないのでしょうか。

ですので、先ほどの「彼女にはパトロンがいる。」という文章の意味とは、「彼女には常連客(または資金援助して面倒を見てくれる人がいる。)」といった意味での使い方がされています。

1度は耳にしたことがある「パトロン」の正しい使い方とは?

「パトロン」の正しい意味が分かったところで、ここからはその正しい使い方をご紹介したいと思います。

例えば、

・彼女にはパトロンがいる。

・水商売をやっていくにはパトロンを見つけることが必要だ。

・博物館を造るにはパトロンが必要だ。

歴史的な背景として、教会や世界的な建造物は貴族や大金持ちの商人という「パトロン」の存在があり、支えられてきたということも覚えておきましょう。

いかがでしたか?
このように「パトロン」の意味や使い方が分かれば、その言葉を耳にした際も状況をしっかりとイメージできるようになります。
頻繁に耳にするような言葉でなくても、意味や使い方を知っておくとタメになりますね。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ