「ワンチャン」の意味と使い方は?語源は意外なところから来ていた!

最近は、若い人たちが「ワンチャン」という言葉をよく使います。
何となくこの言葉の意味が分かるような気がしますが、よく聞いていると、前後の会話から「?」となることがあるかもしれません。

スポンサーリンク

「明日のテスト、ワンチャンかも」、「今日は忙しいけどワンチャンする」などです。
若い世代の会話を聞いていると、会話の中で何回も出てくるほど使われています。

しかし、若者だけでなく、どんな世代でも使えるシチュエーションがある言葉です。
ビジネスでも普通に使えますので、覚えていただけたら良いでしょう。

それでは、ワンチャンとは、どこからきた言葉で、どんな時に使うのか?どんな意味を持っているのか?をご説明いたします。
使い方を覚えて今どき用語として使ってみてください。

語源はマージャン用語!「ワンチャン」の意外な語源について

語源は、英語の「One Chance」からきていて、略語化され「ワンチャン」となっています。
この言葉が使われるのは、マージャンのプレイ中によく使われました。

「一度のチャンスに賭けると勝てる」という意味合いで使われています。
これをきっかけに、「可能性あるかも」、「チャンスはあるかも」、「もしかしたら」「ひょっとしたら」という意味で、若者たちが日常用語として利用しています。

スポンサーリンク

最近では定着していて、ことあるごとに「ワンチャン」が繰り返し使われています。
生きていれば、可能性はあるかもしれない場面は無数にあります。

学生に限らず、社会人でもビジネス上でもたくさんある事でしょう。
何度も繰り返し使われる事が、必然的になってもおかしくありません。

ワンチャンから始まり、「ツーチャン」「フルチャン」と言う新語も生まれました。
可能性が2倍以上ある時、100%ある時に使います。

あらゆる場面で使える言葉「ワンチャン」の使い方

「明日の商談で、ワンチャンしてください」と上司に言われたら、明日の商談で契約を取ってきてくださいと言う意味になります。
相手が了承することを渋っている時に、何としてもチャンスを掴んで来いと言われています。

「明日の人事、ワンチャンあるかな?」この場合は、昇格などのチャンスがあるかもしれないことを示唆しています。
A:「今日のテスト、全然ダメだった」、B:「きっと、ワンチャンだよ」

この場合は、BがAに対して「もしかしたら良い成績かもしれないよ」と慰めています。
これ以外に、こんな使い方があります。「ひょっとして」と言う場合です。

「明日のワールドカップ決勝戦では、ワンチャン日本だ」
あすの決勝戦は、ひょっとしたら日本が優勝と言う意味です。

もしかして、ひょっとしたらと言う言葉を「ワンチャン」に置き換えて使います。
覚えてみると簡単ではないでしょうか?ぜひ使ってみてください。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ