「四面楚歌」の言葉の意味と由来は?実は中国の歴史が関係していた…

ゲームや小説、いろいろな場面で出てくる四面楚歌。
何となく使っているけど、由来を知るともっと面白いです。

面白いと言うより、悲しい物語でもあります。
人生には、いろいろな四面楚歌に出くわすことがあります。

時として万事休すな状態にも、この言葉が使われることがありますね。
万事休すは、打つ手なしの意味ですが、この言葉はちょっと違います。

四面楚歌になり、万事休すと言った使い方をします。
四面と楚歌には、どんな意味と由来があるのでしょうか。

スポンサーリンク

中国から伝わる、この言葉の意味と由来を、悲しい物語を伝えながら説明します。
中国の歴史をご存知の方は、知っているかもしれませんが、紀元前200年ごろ楚漢戦争まで遡り、由来が来ています。

四面楚歌の由来は中国の戦争から生まれた言葉

中国の史記にある言葉です。

紀元前200年頃は、楚漢戦争と言い、西楚という国王「項羽 」と、漢という国王「劉邦」
の戦いに由来します。

西楚国の陣は、漢側に囲まれてしまった状態の夜、自国西楚の国歌が四方から聞こえてきます。
戦争中に、敵陣に囲まれて、苦しい戦況で万事休すな状態の兵士たちは、国の歌を聞き、家族を思い出し、涙しながら皆逃げ出してしまいました。

スポンサーリンク

きっと負け戦である事と、食べ物も尽きていたことなど考えると、兵士たちは生きて家族の元へ帰りたくなったのでしょう。
漢側の作戦でもあります。

西楚国の王は、すべての兵に逃げられて、敵陣から聞こえる「楚歌」を聞きながら、一人涙したと言うお話です。最後は漢軍が大勝利しています。
そうなのです。四面は漢に四方を囲まれた状態、楚歌はその時に歌われた歌のことです。

こうして、四面楚歌と言葉が生まれ、史記に残っています。

楚漢戦争から生まれた四面楚歌の意味と使い方

四面楚歌は、由来の通り四方を敵に囲まれて、身動き取れなくなることを言います。
ビジネスでは、周囲が、反対者ばかりという意味でも使います。

しかし、類義語である「孤立無援」とは少し意味が違います。こちらは、一人で誰にも助けてもらえない状況を指しています。
万事休すも、あらゆる方法を試して、やれることが無くなった場合を意味しますので、四面を敵に囲まれる事とは違います。

使い方例文としては、「会議で自分の意見を述べたが、四面楚歌に終わった」。
会議で自分の意見は、全員に反対されたと言う意味です。

「敵地に乗り込み、四面楚歌になり、味方に見捨てられ、孤立無援となった」。
敵地へ乗り込んだが、四方を囲まれ、誰も助けに来ることなく、自分たちだけで行動する羽目になったと言う意味です。

孤立無援は、グループを指すこともあります。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ