「手八丁口八丁」の意味と使い方とは?意外と誤解されていることわざだった?

スポンサーリンク

会話の中でことわざが出てくることはとても多いかと思います。

しかし、何となくのニュアンスでいい言葉なのか、悪い言葉なのかを
理解してしまっていてはうまく会話がかみ合わないなど問題が出てしまうことも考えられます。

誤解してしまったり、何となくで解釈をしてしまわないように、
その言葉が持つ意味をしっかりと押さえておくことがとても重要です。

スポンサーリンク

今回はそんなことわざの中でも「手八丁口八丁」ということわざの
意味と使い方について詳しく紹介していきたいかと思います。

マイナスに考える方続出!?「手八丁口八丁」の言葉の意味とは?

ことわざをしっかりと理解している人はとても少ないかと思います。
特に若い世代に様々なことわざを踏まえた会話をしてしまっても理解に苦しむ方もいることでしょう。

ことわざの意味はとても奥が深いものが多いのです。

「手八丁口八丁」ということわざの意味は
・話すこと、手を使って何かをすること、その二つがとても優れていること
という意味のようです。

細かく説明しますと、口はしゃべることを表します。
手は手を使って何かをすること。

スポンサーリンク

八丁は物事にとても達者、巧みにこなすという意味がありこのような言葉が生まれました。
意味を理解するととてもいい言葉のように感じますね。

しかし、最近ではこのことわざもマイナスなイメージでとらえられてしまうことも多いようなのです。
とても要領がよく、悪い表現としての使い方をされてしまうことも増えたためだと考えられています。

「手八丁口八丁」の言葉の使い方とは?

では、どのようにマイナスな使い方をされてしまっているのでしょうか
・手八丁口八丁な上司が世渡り上手だから信用できない。

要領がいいことを利用して上手に世間を渡り歩いていいるように感じてしまう例文です。
「信用できない」という表現から、マイナスなイメージをもたれる使い方をしています。

このような表現が最近はドラマのセリフなどでも表現されていて
あまりいい使い方の言葉ではないなと感じてしまいます。

しかし、元はとても器用な方の事を指すときに使われていた言葉です。
きっとこの「手八丁口八丁」という言葉自体を使うにあたり良い、悪いというイメージを持たない方がいいのかもしれません。

いかがでしたでしょうか?

使い方としてはどちらの表現にも転がる事ができるこの言葉
使い方もしっかり押さえておきたいことわざですね!

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ