「青田買い」の意味と使い方、言葉の由来とは?

「今年、わが社は青田買いをするらしい」というような言葉を聞いたことがあると思います。
また、不動産用語としても、「青田売りされた物件を青田買い」という表現でも使います。

よく似ていて、間違われやすい言葉があると言われているこの言葉で、「今後のために、青田刈りしておこう」という全然意味の違う言葉もあります。
使われている「青田」は、意味も由来も同じですが、買いと刈りで意味が違います。

そこから、いろいろな言葉が生まれ、紛らわしくなっています。
この言葉の意味や由来、そして、よく似た言葉との違いを知ることで、使い方を間違えないようにしておきましょう。

スポンサーリンク

青田買いの意味と由来、間違えやすいその他の言葉と、使い方文例などをまとめてご説明いたします。

青田買いの意味と由来

青田とは、稲が青々として稲穂が付いていない状態を言います。
この時点での収穫量を見込んで、先払いして米購入契約をしておくことを青田買いと言います。

これが由来となっています。

そしてビジネスで、新卒者の内定にも活用している言葉となっています。
学生の能力を見積もって、卒業後に会社に入社してもらう内定を出します。

スポンサーリンク

これを青田買いと言います。

他の企業に取られないように、良き人材の可能性のある新卒者を確保する事なのです。
ところが、「青田刈り」と言う言葉もあって、同じ意味で使われてしまうことがあります。

青田刈りは、良き人材を先に取り込む(刈り取る)ことではありません。
青いうちの稲を刈り取ることは、米ができないということです。

敵城を責める時、敵地の稲が青々としているうちに刈り取ってしまえば、敵の食料を奪うことに繋がる戦法が由来です。

 間違えないための文例集と青田買いの使い方

「今年の新卒者は、青田買いの争奪戦になりそうだ」。
今年は良い人材が多いと見込み、どの企業も新卒者の内定を取り付けることに夢中だ、と言う使い方です。

「今回の先物取引では、青田買いが、たくさん行われた」。
今年の気候を考えて収穫が良いと見込まれた売買が目立った、と言う使い方です。

「青田売りの青田買い物件」。

完成していない物件を、今のうちに購入しておこう、と言う使い方です。
ビジネスでは、このような使い方がたくさんあります。

参考までに、青田刈りの文例をご紹介します。
「今年は、野菜の出来高が良すぎる傾向にあるので、今のうちに青田刈りしておこう」

野菜の相場を低下させないために、余分な収穫量の分は刈り取っておこう、と言う使い方です。
青田買いと、青田刈りの違いはご理解いただけたでしょうか?

正しい日本語を活用してほしいものですね。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ