「24する」ってどういう意味?読み方や使い方は?

ネット上やSNS上でたまに見かける「24する」という書き込み。
こちらの意味は多くの方がご存じないかと思います。

字面だけを見れば、「24する」=「24時間何かをする」=「オールナイトで遊ぶ」ですとか、
人気海外ドラマ『24』に引っかけた造語か? などと考えがちですがこれはどちらも外れ。

この単語の意味はそんなに難しい話ではなく、もっと遥かにくだらないものなのです。
この単語は基本的にネット用語ですから、実際に口にするような使い方はしません。

スポンサーリンク

と、いうより口にするとこの書き方にはなりません。
この単語の意味を知って、使ってみようかと思った方は、あくまでもネット上、SNS上で使うように。

ではこの「24する」の正しい意味と正しい使い方を見ていきましょう。

「24する」の語源は某大規模掲示板が発祥

「24する」は単なるダジャレみたいなものです。

「24する」=「ツー・フォーする」=「通報する」となり、
つまりネット上で犯罪を示唆するような書きこみなどが見られた場合に
「24する」とか「24した」とかいった使い方をする単語になります。

某巨大掲示板では、過去にも犯罪予告などが書き込まれたことがありました。

そういう経緯もあり、ネット上で犯罪にあたるような行為を書きこむと、
古くから「通報した」と書きこむ文化がありました。

スポンサーリンク

この「通報」を「24」とダジャレ的なセンスで置き換えた言葉。
つまり入力を省略したいネット住民の本能が創り上げた単語と言えます。

この「24する」という単語、意味からするとなかなか使い方が難しい単語に思えます。
しかし本来持つ意味ほど重く考えない使い方が主流と言えます。

「24する」はもはやツッコミワードとして使われている

・昨日カワイイ女子高生を見た → 24する
・万馬券獲ったのかぁ、いいなぁ → 24する
・今月ピンチだわ。銀行でも襲うか → 24する

「24する」は、本当に通報すべき時に使う単語ではありません。
もちろん本当に通報すべき時は、「24する」なんて書きこむ前に、本当に通報しましょう。

正しい使い方としては、「深読みすると犯罪に繋がりかけない発言をされた時」に
切り返しの単語として使うのが正しい使い方と言えます。

上に書いた例文でいえば、

「カワイイ女子高生を見かけた」→「その女子高生を何とかしてやった」

と妄想を膨らませた上で「24した」と切り返しているわけで、
恐らくこの単語に対する返しは「何もしてねぇしw」とかになります。

つまり会話のアクセントとか、ツッコミのキーワードとして使うのが正しい使い方と言えます。

この「24する」を使う場合は、誰が見ても容易に犯罪に結びつけるような妄想ができる場合に限ります。
あまり複雑な、特殊な思考回路で妄想すると意味が繋がりません。

普段「あ、そう」としか返せないような発言を聞かされ、
返信に困った場合に使える単語ですので、
皆さん正しい使い方でSNSライフを充実させてみてはいかがでしょう?

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ