【今さら聞けない】「ガバナンス」の意味や正しい使い方とは?

昨今、「コーポレートガバナンス」という言葉を聞く機会が増えてきました。高校の授業でも取り上げられる言葉です。

それに伴い、「ガバナンス」という言葉も広く認知されるようになりました。
ビジネスで使われる言葉なので、会社などで働いている人はなじみ深い言葉かもしれません。

このように何となく私たちの生活に定着しつつある「ガバナンス」ですが、全員が意味や使い方を知っているわけではありません。
最近急激に増えてきた「ガバナンス」などのカタカナ言葉は、なじみがないと意味や使い方を知る機会がありません。

スポンサーリンク

今後も増えていくであろうカタカナ言葉の意味を知っておくことで、間違った使い方をするのを未然に防ぐことができます。

そこで今回は、「ガバナンス」の意味を確認した上で、例文を用いて使い方をみていきます。

今さら聞けない「ガバナンス」の意味とは?

「ガバナンス」という言葉は、英語のgovernanceという単語が由来です。governanceには「管理」や「制御」、「制御システム」という意味があります。

昔は「支配」や「統治」という意味で使われており、そこから発展し、現在は上記の「管理」や「制御」などの意味で使われています。

日本語の「ガバナンス」を調べると、「統治」という意味が一番最初に出てくることが多いです。

ここでの「統治」は、武力などを用いた「支配」という意味ではなく、企業などの団体の「管理」、または「統制」という意味で使われています。

スポンサーリンク

上記した「コーポレートガバナンス」は「企業統治」と言い、企業の違法行為や権力の一極集中がないように監視し、企業を健全に運営することを意味します。

このように、「ガバナンス」はビジネスと深い結びつきがある言葉です。
以上から、「ガバナンス」は企業などの団体を「統治・管理する」ことを意味します。

「ガバナンス」の使い方は?

「ガバナンス」の意味をおさえた上で、使い方をみていきましょう。

「今月から会社のガバナンスを強化していく」

この「ガバナンス」の使い方だと、会社を円滑に運営していくために、会社の統治や管理システムを強化していくということが分かります。

「ガバナンス問題を再考する」

この使い方だと、企業などの統治や管理に問題があり、一度考え直さなければならないということが窺えます。

「経営者がリーダーシップをとることで、ガバナンスが機能する」

この使い方の場合、企業の統治や管理を上手く機能させていくには、経営者がリーダーシップをとらなければならないということが分かります。

このように、「ガバナンス」は統治や管理を表す言葉として使うことができます。
今後、より一層「ガバナンス」が使われる機会が増えると思われるので、ぜひ使い方を覚えておきましょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ