よく耳にする「アウトプット」の正しい意味と使い方とは?

みなさんは「アウトプット」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
会社内等でのビジネスシーンで耳にしたことがある方は多いと思います。

言葉は時代に合わせて大きく変化していきます。

数年前まで誰も使っていなかった言葉でも今ではよく耳にしたり聞いたりすることも多いです。

周りの人たちが当たり前かのように使っている為、
その言葉の意味や使い方を今更聞けずに困ってはいませんか?

スポンサーリンク

ここでは、最近よく耳にする「アウトプット」という言葉について詳しく調べて、
その意味や使い方をご紹介していきたいと思います。

「アウトプット」という言葉の意味とは?

この「アウトプット」という言葉、英語の「out put」から来ています。直訳すると、「産出」や「生産高」、「出力」などの意味があります。

ですが、日本語とは面白いもので、この「アウトプット」は日本語での日常会話で使われる場合では「産出」や「生産高」という意味合いではほとんど使われることはありません。

では一体どういった意味での使い方がされているのでしょうか?

スポンサーリンク

正解は、「出力」や「成果物・結果」といった意味で使われています。

主にビジネスシーンで使われる為、転じて「契約の成立」という意味や「会議の資料」、「完成した書類」などの意味で使われる場合が多いです。

以上に挙げたものは「結果」という意味合いが強いですが、対象物(人や物)から「出力」された「結果」といった意味も持ち合わせている為、「出力」という意味があることも忘れてはいけません。

「アウトプット」という言葉の使い方とは?

では、ここまでで正しい意味が分かったところで「アウトプット」の正しい使い方をご紹介していきたいと思います。

例えば
・いくら勉強しても、アウトプットしなければ意味がない。

こちらの使い方では「出力」という意味で使われています。ここでいう「出力」とは、勉強した内容を人に発表したり、
勉強した内容をレポートにまとめるという意味での使い方です。

・アウトプットした書類をながめる

こちらでは「成果・成果物」と「出力」という意味で使われています。

吸収したことを何らかのかたちで吐き出すことや、その結果という意味で使うと覚えておくと非常に使いやすいです。

いかがでしたか?
「アウトプット」を使えば、ビジネスシーンで一段階上の会話ができるようになります。みなさんも意味や使い方をしっかり押さえたうえで使ってみてくださいね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ