よく耳にする「アウトロー」の正しい意味と使い方とは?

みなさんは「アウトロー」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
テレビや雑誌などのメディアで頻繁に使われている言葉なので聞いたことがある方は多いと思います。

言葉とは時代に合わせて大きく変化していくものです。

普段聞きなれている言葉でも正しい意味と使い方を知っておかないと周囲の人たちとのコミュニケーションが取りずらくなったり、
テレビや雑誌、小説の中などで「アウトロー」という言葉が出てきても意味が分からなければ内容が入ってきません。

スポンサーリンク

そこで今回は、よく耳にする「アウトロー」という言葉について詳しく調べ、その正しい使い方もご紹介したいと思います。

「アウトロー」という言葉の意味とは?

元暴走族総長で、現在は俳優やタレントとして活動されている、宇梶剛士さんをご存知でしょうか?彼はその元暴走族という肩書から、「アウトロー」な芸能人として知られています。

こちらではテレビや雑誌などでよく使われている「アウトロー」という言葉が、どのような意味で使われているのかをご紹介します。

「アウトロー」とはもともと英語の「outlow」が由来です。英語の「outlow」という意味は直訳すると

1.無法者、ならず者

2.無法者と宣言する

3.禁止する

という意味があります。

日本で使われている「アウトロー」は1番の「無法者・ならず者」といった意味での使い方が多く、そこからこの言葉は不良の代名詞のような意味で使われるようになりました。

スポンサーリンク

「アウトロー」と聞くと、10代の若者であれば何となくカッコいいイメージを持つ場合も多いですが、意味をしっかり押さえるとそんなことはありません。

「無法者・ならず者」。これを一言で言い換えると「反社会的な人間」となります。決まりを守らず滅茶苦茶なことをする人間のことです。

「アウトロー」という言葉の使い方とは?

それでは、「アウトロー」の意味が分かったところでその言葉の正しい使い方をご紹介したいと思います。

例えば
・アウトローな芸能人の宇梶剛士さん

・お前は本当にアウトローだなぁ

・アウトローにあこがれる若者たち

・アウトローな雰囲気がカッコいい

使い方がいまいちピンと来ない場合は、「不良」という言葉を「アウトロー」に当てはめてみるとわかりやすいかもしれません。

いかがでしたか?

よく耳にする「アウトロー」ですが、意味や使い方をしっかり押さえておくと、より楽しみながらテレビや雑誌をみることがでそうですね。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ