よく耳にする「アサイン」の正しい意味と使い方とは?

「アサイン」という言葉を聞いたことがありますか?

PCを操作していると、「ソフトウェアをアサインする」などといった
使い方をされているので見たことがある方は多いと思います。

また、ビジネスシーンで使われることも多いので会社の打ち合わせなどで
耳にしたことがある方も多いのではないのでしょうか。

ですが、「アサイン」はプライベートな場面での日常会話で使われることが少ない言葉な為、
その意味や使い方を知らないでいるとコミュニケーションが取りずらくなったり、解釈を間違えて恥をかいてしまうことも考えられます。

スポンサーリンク

そこで今回は、よく耳にする「アサイン」という言葉について詳しく調べて、その意味と使い方をご紹介したいと思います。

「アサイン」という言葉の正しい意味とは?

冒頭でも例に挙げた、「ソフトウェアをアサインする」というフレーズ、皆さんはその正しい意味はお分かりでしょうか?カタカナが連続して並ぶとなんだか難しい言葉のように聞こえてしまいますよね。

ですが、意味は簡単です。「アサイン」の意味とは、「割り当てる・指定する・任命する」といった意味での使い方をします。

スポンサーリンク

この「アサイン」は、英語の「assign」という単語が翻訳されて使われ始めた言葉です。「assign 」は直訳すると、「割り当てる・指定する・任命する」という意味のほかにも、「(財産等を)譲渡する」という意味も含まれているため注意しておきましょう。

一般的な日常会話で使われることはあまりなく、ビジネス用語としての意味や使い方をされる場合が多いです。日常会話で使ってしまうと、受け取り方によっては悪い印象を与えてしまう意味も含んでいるので頭に入れておきましょう。

「アサイン」という言葉の正しい使い方とは?

それでは、「アサイン」の正しい意味を理解したうえで、正しい使い方についてご紹介したいと思います。
例文をいくつか挙げますので、使う場面ごとにイメージしながら読み進めていって下さいね。

・PCのメーカーを変えたらキーアサインも変わる。

・出来る人ほどアサインされる。

・自分の使いやすいようにキーアサインを変更する。

・この方を担当者としてアサインします。

主な使い方として、「AをBに割り振る」といったことを表現したいときに、「割り振る」の代わりにそのまま「アサイン」を入れて使うと覚えておくとわかりやすいかと思います。

いかがでしたか?
意味と使い方をしっかりおさえたうえで使ってみてくださいね。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ