よく耳にする「アドバンテージ」の正しい意味と使い方とは?

みなさんは、「アドバンテージ」という言葉を耳にしたことがありますか?

スポーツ観戦や、スポーツをすることが好きな方
であれば聞いたことがあるのではないのでしょうか。

言葉(単語)とは、無数にあり普段よく聞く言葉、
または全く聞いたことがない言葉は個人によって大きな差があります。

「普段よく聞くけれど、使うことはまずないのでその使い方がわからない」

そんな方もいるかと思います。

「よく聞く言葉」という時点で、その言葉はすでに世間では一般的な言葉ということです。

意味や使い方を知らないでいると、いつかその言葉を目の当たりにしたときにコミュニケーションが取りづらくなったり、
食い違いなどが生まれてしまうなどの問題が出てきてしまいます。

スポンサーリンク

そこで今回は、よく耳にするけどいまいち意味は分からない言葉の一つ、
「アドバンテージ」について詳しく調べて、その正しい意味と使い方をご紹介したいと思います。

「アドバンテージ」という言葉の正しい意味とは?

「開始早々、アドバンテージを得る形で試合を進めている」

などと、スポーツ観戦などをしているとよく耳にしますよね。この「アドバンテージ」という言葉、どのような意味が含まれているかご存知でしょうか?

この「アドバンテージ」という言葉は、英語の「advantage」からきています。英語の「advantage」は直訳すると「
有利・好都合」や、「強味・長所」といった意味での使い方がされています。

私たちがよく聞く日本語での「アドバンテージ」も英語の直訳と同じような意味があり、「有利・優越・優位である状態」といった意味で使われています。

スポンサーリンク

スポーツの場面では、テニス・サッカー・ラグビーなどでよく出てくる言葉ですので、覚えておくと良いかもしれません。

「アドバンテージ」という言葉の正しい使い方とは?

「アドバンテージ」の正しい意味が分かったところで、正しい使い方をご紹介したいと思います。

例えば、

・攻撃しているチームがファウルを受けたが、アドバンテージをとってプレイを続行させる。

・2点のアドバンテージを握った。

・アドバンテージを死守しなければならない。

いかがでしたか?
このように「アドバンテージ」の意味と使い方が分かれば、スポーツの場面だけでなく日常会話でも使うことが出来ます。

また、スポーツ観戦をしている際は、この言葉の意味と使い方を知っていると状況が分かりやすくもなります。

「アドバンテージ」を耳にした際は、この記事を参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ