よく耳にする蒸留酒…その意味は?種類はどれだけある?

最近はあまりアルコールを飲まない若者が増えてきたといいますが、
様々なおしゃれなカクテルやお酒に関してはファッションのように取り入れられています。

店に行けば、安いものから高いものまで多くの種類のアルコールが置いてあり、選ぶのが楽しくなってしまいますよね。
そんな中、「蒸留酒」という言葉を耳にしたことはあるかと思います。

どのようなお酒の種類の事を指すのか、よくわからない人は多いことでしょう。
「こちらは○○産の蒸留酒で、ジュースで割ると飲みやすいですよ!」

と言われてもさっぱりです。

スポンサーリンク

今回は、そんな蒸留酒が何のお酒の事を指すのか、意味を押さえながら
種類についても詳しく紹介していきたいかと思います。

蒸留酒の意味は?どんな製法のお酒?

ではまず意味から押さえていきましょう。
お酒を造るにあたって、必要なものは原料と酵母です。

それをアルコール発酵させたものを醸造酒と一般的には言います。
その醸造酒を一度蒸発させて、凝縮したものを蒸留酒といいます。

このような意味のお酒の事を指していたのですね。
よって、醸造酒のアルコール度数は行っても16〜20%ほどなのですが、

蒸留酒はそのアルコール度数が低いお酒を蒸発、凝縮させているため、アルコール度数は醸造酒よりも高めになっています。

スポンサーリンク

作り方や、意味を理解するととても納得できますね。

なので、お酒に弱い方は飲み方に注意しないといけないお酒という事になります。
しかし、その高いアルコール度数を水などで薄めたものもありますので、最近は全て高いお酒という意味ではなくなってきているように感じます。

蒸留酒の種類はどんなものがあるのか?

よく、強いお酒と聞くとテキーラや、泡盛というようなものを想像します。
実は、その二つも蒸留酒なのです。

テキーラは竜舌蘭というメキシコを中心に生えている植物から作られています。
泡盛も、インディカ米というお米から作られています。

後は、米や、麦、サツマイモなどの穀物から作られる焼酎も種類に入りますし
ライムギや、ジャガイモなどから作られたジンもその種類に入ります。

ラム酒はサトウキビなどから作られている蒸留酒の種類に入ります。
ハイボールなどに使われるウイスキーもこの種類です。

これだけの名前を挙げてわかるのは、やはりアルコール度数の高いお酒が多いという事です。
意味や種類を押さえておけば、お酒を飲む時に自分に合ったものが見つけやすいですね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ