よく耳にする言葉「ナイーブ」の正しい意味と使い方とは?

日常会話でよく使われることがある「ナイーブ」。こちらの言葉はよく耳にする言葉ですし、使ったことがある方は多いのではないのでしょうか。

ですが、その正しい意味と使い方を分かったうえで「ナイーブ」という言葉を使えていますか?言葉とは非常に繊細なもので、少し間違えるだけで大きく意味が違う言葉になったり、時には相手を傷つけてしまうことにもなってしまいます。

「ナイーブ」という言葉に限らず、特にカタカナ言葉は意味や使い方を間違いやすいものです。

スポンサーリンク

ここでは今回、よく耳にする「ナイーブ」という言葉について詳しく調べて、その正しい意味と使い方についてご紹介していきたいと思います。

「ナイーブ」という言葉の正しい意味とは?

「彼女は非常にナイーブだ。」
などと、日常会話でもよく使われている「ナイーブ」という言葉ですが、どのような意味が含まれているかご存知でしょうか?

この「ナイーブ」という言葉ですが、2つの意味を持っています。

1つが、「素直な・無邪気な」という良い意味で取られるような使い方です。考え方が素直で、感受性が豊かな人の性格のことについて表現します。

スポンサーリンク

もう1つが、「繊細な・傷つきやすい」といったマイナスの意味です。冗談で言ったことを本気で受け止めて気持ちが沈んでしまうような、物事を深く考えすぎてしまう人の性格のことを表現します。

どちらも人の内面的な性格の部分について表現する使い方の言葉なので覚えておきましょう。

「ナイーブ」という言葉の正しい使い方とは?

「ナイーブ」という言葉の正しい意味が分かったところで、その正しい使い方をご紹介したいと思います。

例えば、

・あの人は見た目に似合わずナイーブな性格をしている。

・その話はナイーブすぎる。

・ナイーブな性格をを逆手に取れば、成功者になることもできる。

・ナイーブすぎる性格は周りの人に避けられがちだ。

「素直な・無邪気」なという意味での使い方をする場合もありますが、基本的には「繊細な・傷つきやすい」という意味での使い方をする言葉ですので、誉め言葉として「ナイーブ」を使うと誤解を招いてしまうこともあり、あまりお勧めは出来ません。

いかがでしたか?
このように「ナイーブ」の正しい意味と使い方が分かれば様々なシーンで使うことができます。ですが、両極端な2つの意味を持つ言葉ですので、使いどころには気を付けた方が良いでしょう。
周りの空気をしっかり読みながら言葉を選び、正しい使い方で会話していきたいものですね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ