よく耳にする言葉「ノウハウ」の正しい意味と使い方とは?

今回ご紹介する「ノウハウ」という言葉、みなさんは耳にしたことはありますか?テレビやラジオ、雑誌のほかにも日常会話でよく出てくる言葉なので1度でも耳にしたことがある方は多いかと思います。

よく聞く言葉こそ、その正しい意味や使い方を意識せずに雰囲気だけでとらえて、誤った意味での使い方がされている場合はよくあります。正しい意味や使い方を知らずに、言葉を使ってコミュニケーションをとると、会話がかみ合わないことやすれ違いが生まれてしまうなどの多くの問題が出てきてしまいます。

スポンサーリンク

そこで今回は、よく耳にする「ノウハウ」という言葉について詳しく調べて、その正しい意味と使い方についてご紹介していきたいと思います。

「ノウハウ」という言葉の意味とは?

「ノウハウを伝授する」
などと、日常会話でよく使われる「ノウハウ」という言葉ですが、どのような意味が含まれているかご存知でしょうか?

この「ノウハウ」の意味とは、「手法・技術・知識」といった意味が含まれています。先ほどの「ノウハウを伝授する。」というフレーズの意味とは、「技術を伝授する。」といった意味での使い方がされています。

もとは英語の「know how」からきており、「know(知る・知っている)」と「how(○○する方法・どのような方法で)」といった単語が組み合わさったものです。

スポンサーリンク

直訳すると「知っている方法」という意味になりますが、そこから転じて「手法・技術・知識」といった使い方をするようになりました。

「手法」などというと、なんだか堅苦しいイメージですが分かりやすく言うと、その事を成し遂げる為の「コツ・秘訣」という意味です。

「ノウハウ」という言葉の正しい使い方とは?

「ノウハウ」の意味が分かったところで、ここからはその言葉の使い方をご紹介していきます。

例えば、

・ノウハウを伝授する。

・うちの部署がここまで営業成績を伸ばすことができたのは独自のノウハウがある為です。

・ノウハウ本を読んでばかりで出来たつもりになっている。

「ノウハウ」は、日常会話でのライトな使い方から企業秘密のような大きなことまで使える便利な言葉です。

いかがでしたか?
このように「ノウハウ」の正しい意味と使い方が分かれば様々なシーンで使うことができます。また、いきなりこの言葉を聞いた時もしっかり会話のキャッチボールが出来るようにもなります。

この記事で「ノウハウ」のノウハウはお分かりいただけましたか?参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ