よく耳にする言葉「パイオニア」の正しい意味と使い方とは?

みなさんは「パイオニア」という言葉を耳にしたことがありますか?人を紹介するとき等に使われる言葉ですので、テレビやラジオ、雑誌などで見たり、聞いたりしたことがある方は多いかと思います。

言葉とは時代に合わせて変化していくものです。その中でもカタカナ言葉はたくさんの種類や使い方があり、この間までなじみのなかった言葉がよく使われるようになっている なんてことも多々あります。言葉の正しい意味と使い方を知っておかないと、メディアからインプットする際に困ったり、コミュニケーションがとり辛くなってしまいます。

スポンサーリンク

そこで今回はよく耳にする「パイオニア」について詳しく調べて、その正しい意味と使い方をご紹介していきます。

「パイオニア」という言葉の正しい意味とは?

「彼は業界のパイオニアだ。」
などと、テレビや雑誌やラジオなどでよく使われている「パイオニア」という言葉ですが、どのような意味が含まれているかご存知でしょうか?

もとは英語の「pioneer」からきています。「pioneer」は、「先駆者・開拓者」という意味があり、私たちがよく耳にする「パイオニア」と同じ意味での使い方をします。

ですので先ほどの「彼は業界のパイオニアだ。」という文章は、「彼は業界の先駆者だ。」といった意味です。

スポンサーリンク

「先駆者」や「開拓者」というとイメージしずらいかもしれませんが、これらをまとめると「他の誰よりも早くその分野に取り掛かった人・一番最初に始めた人」という意味です。

いっけん難しそうな言葉ですが、調べてみるとそう難しくないことが分かりました。

「パイオニア」という言葉の正しい使い方とは?

「パイオニア」の正しい意味が分かったところで、ここからは正しい使い方をご紹介したいと思います。

・彼は業界のパイオニアだ。

・パイオニア的存在。

・パイオニアになるには、ひたすら努力するのみだ。

・この会社は、物流業界のパイオニアだ。

・次世代を担うパイオニア集団。

「パイオニア」には、「先駆者」という意味がありますが、その業界を引っ張っていく存在(=リーダー)としての意味が含まれる使い方もあるので覚えておきましょう。

いかがでしたか?
このように「パイオニア」の正しい意味や使い方が分かれば様々な場面で使うことができます。また、ふとした瞬間にこの言葉を耳にしたときもしっかりと状況をイメージすることも出来るのではないのでしょうか。

是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ