よく耳にする言葉「ファクター」という言葉の正しい意味と使い方とは?

言葉とは時代に合わせて常に変化してくものです。最近では、新しい言い回しやカタカナ言葉が多くなってきてどういう意味や使い方をすれば良いのかわからないということもありますよね。

それらの言葉について間違った意味や使い方を覚えてしまうと、コミュニケーションがとりづらくなったり、状況をしっかりイメージ出来なくなるなどの問題が出てきてしまいます。

スポンサーリンク

そこで今回はよく耳にする「ファクター」という言葉について詳しく調べて、その正しい意味と使い方をご紹介したいと思います。

「ファクター」という言葉の正しい意味とは?

「問題を解決するにはこれらのファクターをクリアする必要がある」
1つ例文を上げましたが、このような使い方をする「ファクター」。よく使われる言葉ですが、どのような意味が含まれているかご存知でしょうか?

「ファクター」とは、「要因・要素・原因」という意味です。日常会話では「要因」などという単語は使われることが少ないのであまりピンとこないかもしれませんが、簡単にいうと「ある物事が生まれる元になったもの」ということ。比較的使う場面が多い「原因」という単語に代入して使うと意味が分かりやすいかと思います。

スポンサーリンク

英語では「factor」です。英語の「factor」は意味として「要因・要素・原因」という意味ももちろんありますが、「問屋・代理商・仲買人」という意味も持っています。私たちがよく耳にする「ファクター」はそれらの意味を持たず、そういった使い方はしませんので覚えておきましょう。

「ファクター」という言葉の正しい使い方とは?

「ファクター」の正しい意味が分かったところで、ここからはその正しい使い方をご紹介したいと思います。

例えば、

・リスクファクターを意識しながら会社を経営する。

・問題を解決するにはこれらのファクターをクリアする必要がある。

・学歴は就活成功の重要なファクターになる。

「ファクター」単体での使い方もありますが、「リスクファクター」のように別の単語と組み合わせる使い方もあります。また、専門用語や名詞などで使われることも多いので覚えておくと便利な言葉です。

いかがでしたか?
このように「ファクター」の正しい意味と使い方が分かれば様々な場面で使うことができるようになります。また、日常会話の中で耳にした際もその会話で自然にコミュニケーションをとることができます。
「ファクター」の正しい意味をおさえて使ってみてくださいね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ