よく耳にする言葉「ボキャブラリー」の正しい意味と使い方とは?

言葉とは時代に合わせて常に変化していくものです。最近ではカタカナ言葉がとても多くなりどういう意味で、どのような使い方をする言葉なのかわからなくなってしまうということもありますよね。

ですが、その言葉について正しい意味と使い方を知っておかないと、円滑なコミュニケーションが取れなくなってしまいます。

そこで今回は、よく耳にする「ボキャブラリー」という言葉について詳しく調べて、その正しい意味と使い方についてご紹介していきたいと思います。

「ボキャブラリー」という言葉の正しい意味とは?

「彼はとてもボキャブラリーが豊富だ。」
などの使い方をする「ボキャブラリー」という言葉ですが、どのような意味が含まれているかご存知でしょうか?

「ボキャブラリー」とは、「語彙(ごい)」という意味です。ですので、先ほどの「彼はとてもボキャブラリーが豊富だ。」という文章は、「彼はとても語彙が多い。」という意味です。

スポンサーリンク

「語彙(ごい)」とは、「使える単語・知っている単語又は言い回し」という意味を持っています。「語彙(ごい)が豊富」とは、「使える単語が多い」という意味です。文系の人は「ボキャブラリーが豊富」などと言われれば、最高の誉め言葉にもなりますね。

「語彙(ごい)」という言葉は「知っている単語の数が多い」という意味がありますが、日常会話の中で登場する場合違った意味合いでの使い方をする場合もあります。

スポンサーリンク

例えば、「彼は車の話に関するボキャブラリーが豊富」という文章。これは、車について知っている単語が多いという意味と、車のことに関する「話」を持っている数が豊富という2つの意味があります。厳密には正しい意味での使い方ではありませんが、日常会話で登場することもあるので覚えておいて損はないかと思います。

「ボキャブラリー」という言葉の正しい使い方とは?

「ボキャブラリー」という言葉の正しい意味が分かったところで、ここからは正しい使い方をご紹介したいと思います。

例えば、

・ボキャブラリーが豊富だ。

・読書をすることによってボキャブラリーを増やすことができる。

・営業マンにとってボキャブラリー不足は致命的だ。

単純に知っている単語の数のみでなく、会話の引き出しが多いという意味での使い方をする場合もあるので覚えておきましょう。

いかがでしたか?
ボキャブラリーの正しい意味と使い方が分かれば、まさに日常会話のなかでの「ボキャブラリー」が増えるかと思います。
参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ