よく見るネット用語「オワコン」の意味や使い方とは?

snapcrab_noname_2016-12-2_15-38-37_no-00

ネット上では様々な言葉が生まれており、その言葉を耳にしたことがあっても
本当の意味を知らないという人も意外と多いのではないでしょうか。

知らないという事が恥ずかしかったり、日本人は思ってしまいがちです。
また、ネット上では相手の顔を見て会話することがないため
知らない言葉が出てきても雰囲気で話を進めてしまいがちです。

そうならないためにも、何かしらないネット用語が出てきた場合
しっかり意味を調べなくてはいけません。

スポンサーリンク

今回はそんなネット用語の中でもよく見かける「オワコン」という言葉の意味について
詳しく紹介していきたいかと思います。

「オワコン」はどんな意味なのか?

snapcrab_noname_2016-12-2_15-39-24_no-00

こんなことがこんな言葉で表現されているんだと驚くほど
ネット用語は幅広く存在しています。

多くの言葉が生まれていくネット上でそのたびに言葉についていくのは難しいかもれません。
しかし、間違った解釈をしてしまわないために、しっかりと調べる事も大事です。

「オワコン」と聞いてどんな意味を思い浮かぶでしょうか?
アイドルなどの終わったコンサートの事を指しそうですし
ロリコンなどという言葉に近いものを感じる方もいるでしょう。

スポンサーリンク

「オワコン」は「終わったコンテンツ」という意味で
終わってしまったものを指すよりも

・終わってしまいそうなもの
・終わってほしくないもの

この二点を指す場合に使います。

「オワコン」という言葉はどのように使うのか。

言葉の意味を押さえたところで、どのように使っていいかを続いて紹介していきます。
例えば一昔前にSNSのメインだったmixiですが、今はめっきり利用者数が少なくなってきました。

・最近mixiがオワコンだという説が流れていますが、私は使っています。
というように表現として使うといいでしょう。

・4Kテレビの普及で3Dテレビへの注目がオワコンのように感じる
というように、終わってはいないが終わりそう。

そして、終わりそうだが終わってほしくない
そんな気持ちがこの言葉には含められているようです。

また、まったく終わっていないものにも「終わってしまうだろう」と予測して
「オワコン」と言ってしまう人もいます。
だいたいそのようなコメントは炎上してしまいがちなので気を付けた方がいいのかもしれません。

いかがでしたでしょうか。新しい言葉なのでまだ見たことない方も知るかもしれませんが
意味や使い方も踏まえて覚えておくといいでしょう。
新しい言葉「オワコン」しっかりと自分の物にしてしまいたいですね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ