ネット用語「www」の意味や使い方とは?

snapcrab_noname_2016-12-2_15-34-0_no-00

メールやチャットなどでのコミュニケーションは
私たちにはなくてはならないツールですよね。

また、最近ではラインなども使われるようになり、
連絡を取り合うことがとても便利になってきました。

スマートフォン片手に多くの方と交流できる
ネット環境は切っても切れない存在ですよね!

ネットが普及するにあたり、
ネット用語なども認知されるようになりました。

スポンサーリンク

そこで、今回はそんなネット上で多く目にする「www」の意味について詳しく紹介していきたいかと思います。

雰囲気を表現する「www」の意味とは?

snapcrab_noname_2016-12-2_15-33-44_no-00

・なんでこんなふうになるのよwww
・ちょっまじでwww

というように、親しい間柄になると
話し言葉でしっかりコミュニケ-ションが取れて
ネットというツールがとても面白く感じますよね。

しかし、この「www」はどのような意味か知っていますか?

スポンサーリンク

これには「わらう」や「わら」といったように、笑う事を意味している記号なのです。
もちろん「www」とw3つ重ねて使うこともあれば、「w」と一つで表現していたり
数が多いとそれだけ面白いという相手の気持ちを表現しています。

読み方としては、この文字自体に意味はないので相手が面白いと感じている
ちょっとこの件について笑ってしまうことがあったのか
もしくは少し小ばかにした時の苦笑を表すことだってあります。

読まずに雰囲気を感じ取る言葉のようですね。

感じ取り方に不安が?「www」の意味が多数過ぎて…。

しかし、本当に面白かったのか、苦笑なのか、微笑なのかは、この文字自体ではあまり感じとることができません。
受け取る相手が自由に感じ取ってしまう為にお互いの気持ちに相違が出てしまうこともあります。

この「www」はそもそも様々な「笑う」を表現しているので
自分がまずはどう感じ取ったかを大切にしていけばいいのかもしれませんね。

面白いからと言って、「w」をたくさんつけて返信してしまうと、
ちょっとおかしな人だと誤解されたりしてしまかうので使う際は要注意です。

「www」3つぐらいがちょうどいいでしょう。
(笑)から始まり(笑という表現から(wと表記にかわり、w一つが出回るようになった流れがあります。

いかがでしたでしょうか?

意味は分かったとしても、使う場合は乱用に注意が必要です。

しかし、このように雰囲気を相手に伝える言葉があるのはとても面白いことですね。
乱用にはくれぐれも注意して、一つのコミュニケーションとして今後も使っていきたいですね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ