ビジネスシーンでの「ガバナンス」の意味と正しい使い方とは?

「コーポレートガバナンス」という言葉を、時々聞きます。
どういう意味なのでしょうか。

コーポレートは企業という意味ですが、それ以外にも教育の場や政治的にも使われています。

また、似たような言葉で違いのある「ガバメント」と一緒に使われることがあり、
ますますよくわからない事になってしまいます。

ビジネスで時々使われる言葉として、正式な意味と使い方がわかれば、
恥をかくこともなく、スムーズに対応できることにもなります。

何となくわかるのではなく、きっちりと学習しておくべき言葉でもあります。

スポンサーリンク

人に聞かれても、正確に説明ができる人になって、一歩リードしてみましょう。
ここでしっかりと、意味、使い方や、似た言葉との違いを把握できるようにご説明いたします。

よく似た言葉やニュアンスのあるガバナンスの意味

ガバナンスは、英語でgovernanceです。
意味は、統治です。

コーポレートガバナンスは、企業の統治という意味となります。
企業が、法律ではなく企業内のルール規則で統治していくことを指しています。

企業以外にも、政府、組織のほか、領土、ITシステム、権力など幅広い概念で用いられます。
企業の不祥事などが原因で、ガバナンスをしっかりとした企業にするという理念から、最近ではよく使われています。

これと、同じ意味でとらえてしまいがちな「ガバメント」は、法的拘束力のある統治「政治・法律による統治」という立場で使います。
「ガバメントからガバナンスへ」と、政治家が言いますが、これは、中央政治で統治してきたことを、地方の統治に任せると言う意味です。

スポンサーリンク

政府が、上の立場から行う時にガバメントは使う事ができます。
ガバナンスとの違いがお分かりいただけたでしょうか。

統治という意味のガバナンスの使い方と文例

「当社は、未来のためにガバナンス体制を構築する」。企業が、未来に向けて信頼される統治を行う体制を整えると言う使い方です。
「コンプライアンス・ガバナンスコーポレートとして生まれ変わります」。

コンプライアンス(法律遵守)をして、企業の統治をする会社に生まれ変わりますと言う使い方です。
「グローバルガバナンスを目指して世界が動き出す」。

世界で起きるいろいろな問題に、地球規模でそれぞれの国がひとつとなって統治できるシステムに動き出すと言う使い方です。
「これからの企業は、ガバナンスとリスクマネジメントを徹底することだ」

企業不祥事が多い近年によく使われる言葉です。企業のしっかりした体制の統治と、不祥事防止に向けた体制をしっかりと作り上げることだ、という意味を込めた使い方をします。

いかがでしょうか?
ガバナンスの使い方をわかりやすく例文にしてみました。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ