ビジネス用語「マイルストーン」の意味と正しい使い方とは?

ビジネスシーンでよく使われるマイルストーン。
どのような意味があり、使い方をすれば良いのでしょうか。

直訳すると「マイル標石」と言う意味ですが、ビジネス社会では違います。
マイクロソフトエクセルなどをよく使う人は、ビジネス上でも大切になります。

スポンサーリンク

意味と使い方がわかれば、使いこなせるようになり評価もアップするでしょう。
それくらい重要な意味を持つビジネス用語の一つです。

ビジネス用語と言うより、マイルストーンが使いこなせると、素晴らしい書類やファイルが出来上がります。
その他でも、これを使った言葉や行動もあります。

いろんなシチュエーションでの、意味や使い方を、例文に合わせてご説明を致します。
仕事上、プライベートでも覚えておけば、とても便利になります。

様々な場面で見る「マイルストーン」の意味とは?

マイルストーンは、英語でmilestoneです。
アメリカでは、道路に標識としてマイルストーンを置き、距離を表しています。

これをビジネスで活用すると、各作業工程の節目と言う意味になります。
ビジネスでは、仕事の節目がたくさんあります。

それをマイルストーンして表にすると、誰の目にもわかりやすく、ひと目で認識できることがあり便利です。
いろいろな表作成をしている人には、必需アイテムと言っても過言ではないものです。

スポンサーリンク

最近では、このマイルストーンがいろいろな場面で使われています。
「マイルストーン払い」、これは、1プロジェクトで10万円の報酬を、節目ごとに5段階に分けて、2万円ずつ支払ってもらう事ができます。

「開発マイルストーン」、これは簡単にできるファイルソフトの事です。
ビジネス場面で、活用する時にダウンロードして利用できるので便利です。

「マイルストーン」の言葉の正しい使い方文例

「このプロジェクトに、マイルストーンを追加してください」、
このプロジェクトの工程を、わかりやすく区切ってください、という意味の使い方です。

「マイルストーンが遅れないように、管理を頼みます」、
プロジェクトの計画の節目期限に遅れが出ないように管理を頼みます、という使い方です。

「このガントチャートに、マイルストーンしてください」、
ガントチャートとは、工程表のような物の事で、それに計画の節目をわかりやすくまとめてほしい、と言う使い方です。

「ガントチャートを作るために、開発マイルストーンのフリーソフトをダウンロードしよう」、
無料ソフトでガントチャートを作ろう、と言う意味で使います。

「この報酬は、マイルストーン払いでお願いします」、
この作業の節目毎に、報酬を支払う方法を利用してください。

このような使い方の文例です。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ