最近よく耳にする「カタルシス」どんな意味?使い方とは?

様々な専門用語が流行語になったり、一般の私たちが話す言葉になったりと
ネットの普及から多くの言葉が生まれ、話されるようになってきました。

しかし、あまりにも多くの言葉が出てくると、どういう意味の言葉なのか
理解に追いつかない瞬間も出てくるかと思います。

新しい言葉に興味を持ち、出あった瞬間に意味を理解できるように
調べていく力も必要となってきます。

スポンサーリンク

今回はそんな言葉の中でも「カタルシス」という言葉の意味や使い方について
詳しく紹介していきたいかと思います。

「カタルシス」の語源や意味は?

では、この「カタルシス」という言葉にはどのような意味があるのでしょうか。
語源はギリシャ語の「katharsis」から来ている言葉だといわれています。

よく映画やドラマなどの作品に対し
・これはカタルシスを感じるストーリーですね!

評論家が言っているシーンを見たこがある人もいるのではないでしょうか?
意味としては、「精神の浄化」という意味になるようです。

もっと掘り下げて意味を深めると
「この作品に感情移入することによって、心が洗われる。負の思いから解放される。」
という意味になります。

今、この時代明るく振舞っていても大きな悩みを抱えていたり
仕事や、学校でも人間関係に苦しんでいたり
自分の生き方を模索していたり…
心に負や闇を抱えた人はとても多くなってきています。

スポンサーリンク

そんな人がこの作品に触れることで、心が洗われて浄化できる。
ふと心が軽くなるという意味を指している言葉のようです。

また、精神的医療現場でも「カタルシス」という言葉は使われており
自分の気持ちを吐き出すことで、心を軽くする治療法になります。

医療現場でも意味を踏まえて使われている専門用語なのですね。

「カタルシス」の正しい使い方とは?

意味を押さえたうえで、正しい使い方をマスターして初めて習得した言葉に成るのではないでしょうか?
正しい使い方としては

・気持ちがすっきりするほど、カタルシスを得られるドラマだ。
・カタルシス効果の期待できる話し方を習得したい。
・カタルシスを感じる綺麗な写真集

このように正しい使い方として表現されます。

いかがでしたでしょうか。

使い方は若干難しく感じるかもしてませんが
その言葉の使い方を習得して、はじめて理解したことになるように感じます。

心をすっきりさせられるような、そんな表現やサポートができる人に
なっていきたいものですね。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ