最近よく耳にする「ビッチ」という言葉の意味や使い方とは?

pict_01

時代に合わせてさまざまな言葉が生まれてくる時代
新しい言葉の表現についていけずに
悩んでしまう方もどうやら多いようです。

若者が使う言葉だと思っていても
実際耳に入ってくる機会は多く
そのたびに何なんだろうと気になってしまうのも
無理はないかと思います。

スポンサーリンク

ここでは、そんな若者の中でも
多くの方が使っている「ビッチ」という言葉
耳にすることって多いのではないでしょうか。
どういう意味で、どのように使うのか
ここでは詳しく調べて紹介していきたいかと思います。

 

「ビッチ」という言葉の意味とは?

pict_02

よく耳にする言葉
私自身もよく耳にしていて
気になっている言葉でした。

今回その「ビッチ」に関して調べてみたところ
この言葉は「悲報」という言葉によくくっついて
使われているということです。

この「ビッチ」には、英語で、訳すと意味として大きく
「雌犬(メスイヌ)」という意味が込められています。

この意味から転じて今では
「純粋ではない女性」という意味
込められている事がわかりました。

例えば、清楚で、丁寧な言葉遣いのきれいな女性が
いきなりギャルのような格好をしてクラブに行きまくり
朝まで遊んでいるような女性のことを
「ビッチ化した!」と言うようです。

スポンサーリンク

そもそも、この「ビッチ」にはあまりこれという
明確な意味は無いようですが

・ギャルや、性に恥じらいがない女性
・いかにもバカに見える女性

というような意味や

・自分の求めている女性はこの人ではない!

というような場合にも使われることがあるようです。

また、この言葉は、結構ネット上での会話の中で
使われることが多く
おしとやかで、清純な女性が好まれているために
そのような言葉が使われているのだと考えられます。

 

「ビッチ」という言葉の正しい使い方は?

pict_03

では、意味がわかったところで
この言葉に関して正しく使わなければ
意味がありません。

どのような内容で使っていくのがいいのでしょうか。

・好みの女性の服装がかなりビッチでびっくりした
・そのままで素敵だったのに、ビッチ化した友人
・姉が急にビッチ化して家族の中で浮いている

など、様々なシーンで女性に対して使うことができるようです。
いかがでしたでしょうか。
「ビッチ」という言葉はかなり女性に対してよくない言葉なので
直接本人に行ってしまうと失礼に値します。

なので、あえてイメージを伝える感覚で
使っていくのが一番好ましいのでしょう。
覚えておきたいですね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ