最近よく聞く言葉…「IoT」の意味や使い方は?

インターネットがますます普及してきている今日、さまざまなインターネット用語が生まれてきています。
そんな言葉の一つ、「IoT」という言葉をご存知でしょうか?

インターネット用語は、今や当たり前に使われるようになっています。
もちろん、若い人の間では頻繁に使われているうえ、職場でもよく使われるようになりました。

今後も、インターネットの発展に伴い、ますます多くのインターネット用語が生まれてくるはずです。

今や、インターネット用語は、知っていることが当たり前になりつつあるのです。
そのため、「IoT」などの言葉の意味や使い方は、ぜひとも知っておくべきです。

スポンサーリンク

そこで今回は、「IoT」の意味を確認したうえで、使い方をみていきます。

「IoT」の意味とは?

「IoT」とは、Internet of Thingsという言葉を省略したものです。そのInternet of Thingsは、「モノのインターネット」という意味になります。
発音は「アイオーティー」と、そのままの発音で問題ありません。

「モノのインターネット」とは、インターネットにさまざまなモノを接続することを意味します。そして、さまざまなモノをインターネットによって、広く共有することも意味します。
一般的に、インターネットに接続するものといえば、パソコンやサーバー、プリンターなどのパソコンの周りの機械でした。

ですが近年は、これらの他にスマホやタブレット、カメラ、オーディオプレイヤーなど、あらゆるものがインターネットに接続できるようになりました。
そのため、動画や写真、音楽などのさまざまなメディアを、インターネットによって共有できるようになったのです。

スポンサーリンク

これによって、インターネットを通じて、簡単にモノのやり取りができるようになったのです。
以上から、「IoT」は「モノのインターネット」という意味があるということが分かりました。

「IoT」の使い方とは?

「IoT」の意味を確認したうえで、使い方をみていきましょう。

「IoTのおかげで、さまざまなモノを共有できる」

この「IoT」の使い方だと、「モノのインターネット」によって、「モノ」が共有できるということが分かります。

「IoTを使って、家に着く前にエアコンの電源を入れる」

この使い方の場合、何かの「モノ」をインターネットに接続することで、外出中でもエアコンを付けられるということが分かります。

「ネコがいなくなったので、IoTを使って状況を調べる」

この使い方だと、「モノ」をインターネットと連動させることで、ネコが今どこで、何をしているのかを知ることができるということが分かります。

このような「IoT」の使い方をすることで、「モノ」と「インターネット」の連動を示すことができます。
今後も、より「IoT」を使った「モノ」が普及してくるはずなので、ぜひ使い方を覚えておきましょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ