空港でよく聞く「トランジット」の正しい意味と使い方とは?

みなさんは「トランジット」という言葉を耳にしたことがありますか?飛行機によく乗る方であれば1度は聞いたことがあるかと思います。

よく聞く「トランジット」という言葉ですが、その正しい意味と使い方はご存知でしょうか。意味や使い方がよくわからずに聞き流したり、間違った使い方をしてしまうと恥をかいてしまったり、コミュニケーションに食い違いが生まれてしまいます。特に、カタカナ言葉だと分かりずらいものがたくさんありますよね。

スポンサーリンク

そこで今回は、よく耳にする「トランジット」という言葉について詳しく調べて、その正しい意味と使い方についてご紹介していきたいと思います。

「トランジット」という言葉の正しい意味とは?

「成田空港へトランジットします。」
などと、主に飛行機の中でよく使われている「トランジット」という言葉ですが、どのような意味が含まれているかご存知でしょうか。

「トランジット」には、主に2つの意味と使い方があります。

「通過・通行」という意味と、「目的地までの中継として空港に寄ること」という意味です。

スポンサーリンク

日本から海外へ飛行機で行く際に、すべての国に乗り換えなしで行けるわけではありません。乗り換えしなければいけない場合は、他の国の空港に一旦着陸して飛行機を乗り換えます。

その時に、「乗り換え空港に降りた人」や、「乗り換えする行為」のことを「トランジット」といいます。

「トランジット」という言葉の正しい使い方とは?

「トランジット」の正しい意味が分かったところで、ここからは正しい使い方についてご紹介していきたいと思います。

例えば、

・○○の国へ行くには、○○の空港へトランジットしなければならない。

・トランジット向けのサービスが充実している。

・トランジットホテルを利用する。

もとは「transit」という英語の言葉からきています。「transit」には、「通過・通行」や「目的地までの中継として空港に寄ること」という意味のほかにも、「移り変わり」や「死去」、「輸送」という意味での使い方もされていますが、日本ではそういった意味での使い方はしませんので覚えておきましょう。

いかがでしたか?
このように「トランジット」の意味と使い方が分かれば、空港などでその言葉を聞いた時にも正しく状況を把握することができるようになります。

また、「トランジット」の正しい使い方が分かれば、「通過・通行」という言い回しよりも柔らかい言い回しでの会話ができるようになります。
意味と使い方をしっかり押さえたうえで会話をしていきたいものですね。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ