車でよく耳にする「ハイブリット」の意味と正しい使い方とは?

時代に合わせて進化してきた言葉。最近ではカタカナ言葉がどんどん増えており、ついこの間までなじみがなかった言葉でも一般的になって戸惑ってしまうこともありますよね。

その新しい言葉の正しい意味や使い方を知っておかないと、コミュニケーションがとりづらくなったり、会話がかみ合わないなどの問題が生まれてきてしまいます。

スポンサーリンク

そこで今回は、よく耳にする「ハイブリット」という言葉について詳しく調べて、その正しい意味と使い方についてご紹介していきます。

「ハイブリット」はどういう意味?

「ハイブリットカーは環境に良い。」
などと、よく使われている「ハイブリット」という言葉。この言葉を耳にすることは多いかと思いますが、どのような意味が含まれているかご存知でしょうか?

この言葉は、「異なった要素を混ぜ合わせたもの・組み合わせたもの」や「雑種」という意味があります。「飼い豚と野生のイノシシの混種」という意味での使い方をするラテン語が語源です。その「雑種」という意味から、組み合わさったもの、つまり「混合」という意味での使い方もするようになりました。

スポンサーリンク

ハイブリットカーは電気とガソリンの両方の力で走ります。ですので、「異なった要素(電気+ガソリン)を混ぜ合わせたもの」といった意味です。ガソリンの力だけでなく、電気の力も加わることにより排気ガスが少なくなる為、燃費は良くなりますよね。

日本語でも「雑種」という意味はありますが、日常会話の中であまりそういった使い方をすることはありません。基本的には、なにかとなにかの「混合物」という使い方をするので覚えておきましょう。

「ハイブリット」の正しい使い方とは?

「ハイブリット」の正しい意味が分かったところで、ここからはその正しい使い方をご紹介したいと思います。

例えば、
・ハイブリットカーは環境に良い。

・ハイブリットシステムの説明を受ける。

・あの会社では、新しいハイブリット技術を開発している。

・このモデルは、ハイブリット仕様だ。

「ハイブリット」単体で使われることはあまりなく、「ハイブリット○○」と後に言葉をつなげて1つの単語としての意味を持つ場合が多いです。「ハイブリットシステム」や「ハイブリット技術」などがあるので参考にしてみてください。

「ハイブリット」の正しい意味と使い方はお分かりいただけましたか?しっかりと、意味をおさえたうえで使ってみてくださいね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ