野球などで使われる「ドラフト」という言葉の正しい意味と使い方とは?

みなさんは「ドラフト」という言葉をお聞きになったことがありますか?PCなどでメールを作成する際や、雑誌やニュースなどでもよく耳にする言葉ですよね。

ですが、よく耳にする「ドラフト」という言葉ですが、その正しい意味と使い方はご存知でしょうか?よく聞く言葉だからこそ、自分で勝手に解釈して意味をとらえたり、間違った使い方をしている方も多いかと思います。

間違った意味でとらえてしまい、使い方まで誤っているとコミュニケーションがとりずらくなったり会話の食い違いが生まれてしまいます。

スポンサーリンク

そこで今回は、よくみみにする「ドラフト」という言葉について詳しく調べて、その正しい意味と使い方についてご紹介したいと思います。

「ドラフト」という言葉の正しい意味とは?

「ドラフト会議」や、「ドラフトビール」などとよく使われている「ドラフト」という言葉を耳にする機会は多いと思いますが、どのような意味が含まれているかご存知でしょうか?

こちらの言葉、「人を選抜すること」という意味と、「下書き」という意味での使い方をする場合が多いです。「人を選抜すること」という意味に関しては、「ドラフト会議」などという使い方でプロ野球の場面などで人を選抜することを意味しています。

また、「下書き」という意味に関しては、メールを作成する際によく使われる言い回しで、「ドラフトにしますか?」などと表示されることもあります。

そのほかにも、「設計図面」や「すきま風」、「たる抜き」といった意味での使い方をする場合もあるので覚えておきましょう。

スポンサーリンク

冒頭で挙げた「ドラフトビール」の「ドラフト」は、「樽抜き」という意味が含まれています。樽から抜くビールですので、生ビールといった意味で使われています。

「ドラフト」とういう言葉の正しい使い方とは?

「ドラフト」の正しい意味が分かったところで、ここからはその使い方についてご紹介したいと思います。

例えば、

・ドラフト会議が楽しみだ。

・やっぱりドラフトビールはうまい。

・一旦休憩をはさみたいから、このメールはドラフトにしておく。

・ドラフト1位の選手は格が違う。

「設計図」という意味での使い方は、業界用語的な使い方ですので、日常会話ではあまり使うことはありません。また、英語の「draft」では「すきま風」という意味あいを強く持っていますが、私たちがよく耳にする「ドラフト」についてはそういった意味あいは薄く、使われる場面はあまり多くありません。

日常会話で「すきま風邪」を表現したいときは素直にそのまま「すきま風」と表現するほうが良いかもしれません。

いかがでしたか?
「ドラフト」の意味が分かれば、その言葉を聞いたときは状況をしっかりイメージすることができるようになります。次この言葉を耳にした際は、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ