Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「オタク」の意味知っていますか?正しい使い方とは?

友達同士や社内の雑談の中で、よく使われる言葉で「オタク」という言葉がありますが、
注意しなければいけないのが、「オタク」は度々蔑称(べっしょう)としても使われています。
正しい意味を理解して、注意して使いましょう。

「おたく」の語源は作家の中森明夫が1983年の雑誌のコラムに「『おたく』の研究」を執筆したのが語源と云われています。
中森明夫が当時コミケに行った際に一部の人間がお互いを「おたく」「おたくら」などと呼び合っていた。そこでコラムの中で
「この頃やたら目につく世紀末的ウジャウジャネクラマニア少年達を『おたく』と名づける」
「中学生ぐらいのガキがコミケとかアニメ大会とかで友達に「おたくら さぁ」なんて呼びかけてるのってキモイと思わない」
などと書いた事が始まり。
今回は、その「オタク」という言葉の意味と正しい使い方を解説いたします。

そもそも「オタク」という言葉は良い意味の言葉なのでしょうか?

スポンサードリンク

「オタク」の意味は

この言葉の意味は、
1.(例:彼は野球オタクだ)特定の趣味に没頭し、その趣味に対する知識が豊富である人物
2.(例:彼はオタクなので24時間趣味に時間を使っている)趣味に没頭して日常生活に影響が出ている人物
3.(例:お前の格好はちょっとオタクっぽいぞ)見た目が気持ち悪い等、一般と少し感覚や雰囲気の違う人物 
4.(例:このクラスにはオタクが多い)アニメ・ゲーム・パソコンなどが趣味の人物

「自分の好きな趣味や興味のある事柄に傾倒しすぎる人への呼称。」
「ある物事へ社会一般人よりもはるかに熱中・詳しい人の事。」

つまり、一つの事柄が他の人より長けていて詳しい人。
この意味で使うのであれば、良い意味ですが、

一方で、「あなたのセンスはちょっと「オタク」っぽいぞ」
「オタク=社会性に欠ける」
と相手の方を(蔑称するような)(見下した)悪い意味になる事があります。

この様に、「オタク」という言葉には蔑称から尊称まで、色々な意味がまとまる事がない状態で社会の中で使われているので、
自称・他称を問わずに、使用するには注意が必要な言葉です。

スポンサードリンク

「オタク」の正しい使い方

良い意味の使い方は
・あなたは漫画ファンというよりも漫画「オタク」ですね。
・あなたは仕事も出来て、彼女もいてリア充「オタク」ですね。
皆さんも「オタク」の様々な意味を理解した上で、相手を傷つける事が無いように良い意味で使いましょう。

スポンサードリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ