「キマシタワー」の意味と語源、正しい使い方とは?

主にネット上で見かける「キマシタワー」ですが、
正式な使い方としては「キマシタワー」と半角で表記する、
もしくは「キマシタワー!!!」とびっくりマークを3つ付ける書き方になります。

とはいえ、カタカナで「キマシタワー」との表記されていれば、
すべて同じ意味、そして使い方だと思って間違いないでしょう。

語源は当然ネット上から。スラングとまではいかないまでも、
元々は特殊なタイミングでしか使われていなかった表記です。

しかしそれがネット上では一般的になり、いろいろなところで使われるように。
ただし間違った使い方というか、意味を知らないで使っていることが多くなりました。

そんな「キマシタワー」が持つ本来の意味と、正しい使い方を覚えておきましょう。

「キマシタワー」は元々アングラな世界で使われていた言葉

「キマシタワー」の語源は『ストロベリー・パニック』というアニメ作品から始まりました。

このアニメ作品は、高校生の少女たちが繰り広げる物語。
その中で主要登場人物の一人である涼水玉青(すずみ・たまお)というキャラクターが発した言葉です。

で、この「キマシタワー」はどういう風に使うかというと、
このアニメ作品の実況板の住人が、物語の中で「百合的な展開」が
訪れると書き込むようになったのがきっかけ。

「百合的な展開」とは、少女同士が友情以上の感情を持つことで、
後は察していただきたいところです。

こうして「キマシタワー」の書き込みが定番化すると、
某大手動画投稿サイトでもコメントとして使われるように。

つまり、この「キマシタワー」とは、女性同士が
そういった雰囲気になった際に使われる単語であり、
使い方としては、男性同士がそういった雰囲気になった際に使われる「アーーッ!」
と同じような意味を持つということになります。

「キマシタワー」の正しい使い方は?

ハッキリ言って日常生活で使うことはまずありません。
と、言うよりあまり積極的に使わない方がいい言葉とも言えます。

それでも使うことがあるとしたら、
もし本来の意味を知っている人がいても引かないような場面で使うしかありません。

また、あまりこの言葉を乱用すると、
そういった(女性同士が必要以上に仲がいい)アニメ作品が好きな人
という印象を他者に与える可能性があります。

それでも構わない方は使ってもいいでしょうが、
あまりその方面の知識がない人が、面白がって使うのはかなり危険な単語です。

正しい使い方としては、アニメや映画、ドラマなどで、
女性同士がそういう雰囲気になった瞬間としか言いようがありません。

万が一そういった場面に出くわしたら使ってみましょう。
しかし、使った上で周囲からどういう目で見られるかはその時の空気次第ですのでご了承ください。

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ