「シチュエーション」の意味?と正しい使い方は?

皆さんは、「シチュエーション」という言葉を聞いたり使った事があると思いますが、
「シチュエーション」にはどのような意味があるか、正しい使い方をしていますか?

今までその意味や使い方を考えて理解して使っている方は、少ないと思いますので、今回「シチュエーション」
について意味や使い方を説明します。
実は「シチュエーション」には複数の意味があり、その時々の場面で意味が少しずつ違ってきます。

そこで今回は、いろいろな場面に於ける「シチュエーション」の意味や使い方、例文などを解説いたします。

スポンサードリンク

「シチュエーション」の意味は?

「シチュエーション」の意味は使う場面によって意味が違ってきます。

まず1つ目の意味は、ある場面の状態。
日常生活で、車に乗っている時、家庭の中にいる時、職場の中で仕事をしている時等です、
仕事中の自分が置かれている立場や自分の境遇など、現在進行中の場面の様子という事です。

2つ目の意味は、起こりうる事態を想定する。
実際に空き巣の被害にあったことは無いものの、空き巣被害を想定する時。

3つ目の意味は、小説、映画の展開の為の状況。
アクション映画では、戦うための練習、戦うシーン、戦った後の状況等です。
ドラマでは、付き合う事になったシーン、恋人と関わるシーン等です。
つまり、小説や映画などの展開の状況です。

この様に「シチュエーション」という言葉には複数の意味があり、その場面や状況によって
意味が違って来ることを理解した上で、使い方を説明します。

つまり、「シチュエーション」の意味を要約すると、
「状況、場面、境遇、立場」の事を指しています。

スポンサードリンク

それでは、「シチュエーション」の意味を理解した上で使い方を説明します。
 

「シチュエーション」の使い方

・急いでいるのに電車が遅れ、しかもスマートフォンのバッテリーも切れてしまった。
こんな辛い「シチュエーション」は本人にしか理解出来ないですね。
このような第三者の目から見てはっきりとそうだとわかる状況や、
複数の物事が重なって発生した場面を指すときに使います。

・実際に今まで経験した事が無い大災害が起こった時の事を「シチュエーション」して非常持ち出し品や避難場所を
確認しておこう。
この「シチュエーション」の使い方は、自分が今までに体験した事のない出来事を想定する時に使います。

・今私が執筆中の小説の主人公が成功を収めるまでの「シチュエーション」に問題があるので構想を練り直そう。
これは、『今書いている小説の、主人公が立ち直るまでの「シチュエーション」に違和感があるので練り直そう』というように、作品の場面をある程度まとまった単位で扱う際に使われます。

「シチュエーション」の意味と使い方を理解して、日常に役立てましょう。

スポンサードリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ