Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「バイアス」の正しい意味と使い方とは?

どこかで1度は耳にしたことがある「バイアス」という言葉。日常会話であまり出てこないので、「バイアス」の正しい意味と使い方がいまいちピンとこない方も多いのではないのでしょうか。

カタカナ言葉って、どんどん新しいものが出てくるので追いついていくのが大変ですよね。ですが、正しい意味や使い方を知っておかないと、会話している時にすれ違いが生まれたりするなどの問題が生まれてしまいます。コミュニケーションをとる際は、言葉の意味や使い方を知っておくのは非常に重要なことです。

スポンサーリンク

そこで今回は、1度は耳にしたことがある「バイアス」という言葉について詳しく調べて、その正しい意味と使い方についてご紹介していきます。

「バイアス」という言葉の正しい意味とは?

「あなたの考え方にはバイアスがかかっている。」
などという言い回しをする言葉「バイアス」。日常会話で頻繁に出てくる言葉ではないですが、1度は耳にしたことがある方は多いかと思います。この言葉にどのような意味が含まれているのかご存知でしょうか?

もとは英語の「bias」ということばからきています。「bias」という言葉の意味とは、「偏り・偏見・傾向・先入観」や「斜線」という意味です。

私たちが耳にする「バイアス」も同じ意味での使い方がされており、主に「偏り」や「斜線」という意味での使い方をします。

先ほどの「あなたの考え方にはバイアスがかかっている。」という文章ですが、こちらは「あなたの考え方には先入観が含まれている。」といった意味です。

スポンサードリンク

「偏り」という意味から言い換えて、「偏見」や「先入観」という意味があると考えるとわかりやすいですね。

「バイアス」という言葉の正しい使い方とは?

「バイアス」の正しい意味が分かったところで、ここからは「バイアス」の正しい使い方をご紹介していきます。

例えば、

・ネックな点を挙げるとすれば、大きなバイアスが存在することだ。

・大きなバイアスがかかった考え方はよくない。

・バイアスがかかった思考では、物事を正面からとらえることは出来ない。

「偏見」という意味で、「ジェンダーバイアス」という言葉もあります。「性別による偏見」という意味をもち、男女差別のことを指しています。

いかがでしたか?
このように「バイアス」の正しい意味と使い方が分かれば、いざこの言葉を耳にしたときもその状況をしっかりイメージしてとらえることができます。

意味と使い方をしっかり調べると、語彙が増えて勉強になりますね。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ