Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「リスペクト」の言葉の意味や正しい使い方とは?

最近では日常会話の中でも、横文字がよく使われますが
判ったつもりで聞き流していませんか?

社内の先輩との会話の中で、
「これからは先輩をリスペクトして仕事を進めていきます。」
このような会話を社会の中で働いている人は、一度は聞いた事や使った事がある方がいると思いますが。

このように、社会の中で使うカタカナ言葉は、意味や使い方をその都度調べることはしません。
だから、時々その言葉の意味を間違えたまま使っている人もいます。

近年は難しい言葉も増えてきているので、その言葉の持っている意味や使い方を
知っているのに越したことはありません。

「リスペクト」も、ひょっとすると意味や使い方を知らないという人が多いかもしれません。
そこで今回は、「リスペクト」の意味を確認した上で使い方をみていきます。

スポンサードリンク

「リスペクト」の意味は?

「リスペクト(respect)」の英語としての意味は、
動詞では「(人や性質などを)尊敬する」「重んずる」、名詞では「敬意」「尊敬」といった意味になります。

またカタカナ語で使用するときも、英語の意味と同じように尊敬する対象が人の場合もあれば、作品や発言、行動の場合もあります。
日本語では、「~の作品をリスペクトした」これは尊敬する作品から影響を受けた、という意味です。
つまり尊敬だけでなく、追従した、というニュアンスもあります。

このようなことから
「敬意を表し、尊敬する」「敬意を表して自分も真似をする」という意味です。

スポンサードリンク

「リスペクト」の正しい使い方は?

「リスペクト」の意味は前述のとおり、理解してこそ使用する事が出来ます。

例えば:この会社で最も尊敬するのは○○先輩です。
 この会社で最もリスペクトするのは○○先輩です。

相手企業との打ち合わせで、相手の立場を尊重して話を進める。
相手企業との打ち合わせで、相手の立場をリスペクトして話を進める。

少し余談になりますが、「リスペクト」には似た意味を持つ単語も多くあります。
「オマージュ」も類似語で、「敬意」「賞賛」の意味があり、「オマージュ」と同じように使われます、
しかし「オマージュ」は、作家や作品に影響を受けて作品を作る場合に使われることが多く、
人に対して「○○さんをオマージュしている」という使い方はカタカナ語の慣例的に不自然です。

このようにニュアンスが違っていたり、使う場面によっては相手に礼を欠く時もあるので、
よく理解した上で注意して使い分けしょう。

スポンサードリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ