Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「小春日和」(こはるびより)知らずに使うと恥ずかしい?正しい意味や使い方は?

みなさんは会話の中や、挨拶で「小春日和(こはるびより)」という言葉を使った事がありますか?
「もうすぐ春だし、春先の天気を指すんじゃないんですか?」と普段あまり使用しない言葉のせいか、
このように「小春日和」の意味を誤って理解している方が殆どだと思います。

実は違うのです。
春の晴れた日を表す言葉には「春日和」があり、この言葉は四月の季語になっています。

スポンサードリンク

「小春日和」の意味は?

〈小〉という文字がつくかつかないかだけですが、「小春日和」と「春日和」では全く意味が違ってしまいます。
「春日和」は春の晴れた日を表した言葉で、四月の季語になっています。

それでは、「小春日和」とは一体いつの事で、どうゆう意味なのでしょうか?
そこで今回は、「小春日和」について調べてみました。

晩秋から冬に季節が移り替わるこの時期には、春のように穏やかな陽気が続くことから、
こうよばれるようになりました。
「小春日和」とは、旧暦の十月を指す違った意味の言葉でもあります。
晩秋から初冬にかけての寒い時期に、あえて「小春」という少し温かみのある言葉を用いるところなどは、
日本人の文化やセンスを感じます。
「小春○○」というように「小春」を使った言葉は他にも多く、次のような言葉があります。

『小春空』
小春の頃に、穏やかに晴れた空。

『小春凪』
小春の頃の、穏やかな海の凪。

『小春日』
小春の頃の、穏やかな日。 また、穏やかな日差し。

『小春風』
小春の頃に吹く穏やかな風。
等、「小春」を同じような意味で使用します。
次に、「小春日和」をいつの季節で使ったらいいのか調べていきます。

スポンサードリンク

 

「小春日和」を使う季節はいつ?

「小春日和」を俳句で読むと冬の季語になります。
しかし、「冬とはいつですか」と聞かれると今の生活で使用している新暦では、冬は「十二~二月頃」と答えます。
では、旧暦の冬はというと「十~十二月」なので私たちの感覚とズレがあります。
新暦は太陽の公転に基づいた太陽暦で、旧暦は月の満ち欠けを利用した太陰暦であるために生じています。
このような事から、新暦と旧暦の間には約一か月程度のズレがあるため、旧暦の季節感は新暦を使っている
私たちにとっては違和感があるのです。

以上の事から、「小春日和」という言葉は、「春」を表す言葉ではなくて、「冬」を表す言葉ですから、
晩秋から初冬にかけての寒くなる頃に、「小春」という少し温かみのある言葉を使用して、
あなたのセンスを表されたら、周りの人からの観る目も良くなるかと思います。

スポンサードリンク

 

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ