デジャブ(きしかん)の意味とは?使い方や例文とは?語源はフランス語だった!

皆さんは最近ご友人やご家族との会話で「デジャブ」と言う会話を聞いたことがある、もしくは使用したことがあることがありますか?筆者は友人との会話の中で見たり聞いたりしたことがあります。しかし、ご年配の方には聴きなじみの薄い会話かもしれませんね。今回はそんな「デジャブ」の語源やその意味について解説したいと思います。

スポンサーリンク

「デジャブ」の意味とは?語源はフランス語だった

「デジャブ」とは“一度も経験したことのない事をすでにどこかで経験した事があるようにかんじる”現象のことです。私達は経験したことのある物事のについて、“いつ・どこで”行ったのか大概憶えています。しかし、「デジャブ」は“どこかで見たことがあるが、どこで経験したのか思い出せない”という現象の事を指します。

「デジャブ」と言う言葉の語源はフランス語の“Déjàーvu”だと言われています。また、“ブ”の部分が“ヴ”や、“ビュ”に変わる時もありますが、それらはすべて同じ意味です。フランス語の“vu”は“視覚”“聴覚”“触覚”といった“経験”を意味するものなので、それらが言葉の意味と関係していると言えます。

ちなみに「デジャブ」の反対語は「ジャメヴュ」と言い、“見慣れている出来事を初めて経験した事の様に感じる”という現象です。日本語だと“未視観”と言います。今まで日常的に行っていた行為が急に初めての行為に感じる事というのは皆さんにも経験があるのではないのでしょうか?あまり聴きなじみのない言葉かもしれませんが、知っておくと便利です。

スポンサードリンク

「デジャブ」の正しい使い方と例文

例文1:『この光景にデジャブを感じた』

解説: 見たことのない光景に対して、どこかで既視感を憶えた場合に使用できますね。もしくは、似たような出来事が立て続けに起こることを皮肉るような使い方もできます。

例文2:『この楽曲を聞いたときに激しいデジャブを感じた』

解説:「デジャブ」は“激しい”などの形容する言葉と併せて使う事もできます。強烈な既視感を感じたときに使ってみると良いかも知れません。

例文3:『君の発言にデジャブを感じてしまうのだけれど、小説のシーンから引用しているの?』

解説:例えば相手の言う言葉がどこかの小説や漫画、アニメでキャラクターが言いそうなセリフを言われた時に使うことが出来ます。

上記の「デジャブ」の意味や使い方を踏まえて、適切な場でつかえるようになれると良いかも知れません。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ