Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ビジネスシーンで使う「スキーム」の意味や正しい使い方は?

最近何かと使われるようになった言葉「スキーム」。一度くらいは聞いたことがあるという人が多いのではないでしょうか。
とはいえ、使わない人にとっては全くなじみがない言葉なので、難しい言葉のように感じるでしょう。

「スキーム」などのカタカナ言葉は、多くの日本人に受け入れられ、日本語として定着していっています。それに伴い、どんどん新しい日本語が誕生しています。
そのため、今やカタカナ言葉は知っている前提で使われることが多く、人前で意味や使い方について聞きにくい時代になりました。

スポンサーリンク

なので、カタカナ言葉の意味や使い方は、できるだけ自分で調べて知っておかなければなりません。
そこで今回は、「スキーム」の意味を確認し、その上で使い方をみていきます。

「スキーム」の意味は?

「スキーム」は英語のschemeに由来する言葉です。schemeには、「計画」や「事業計画」、また「陰謀」や「たくらみ」といった意味があります。
schemeはギリシャ語で「形」や「姿」を意味するschēmaという単語に起源をもちます。

日本語で使われる「スキーム」も同様に、「計画」や「企画」、さらに「体系」や「枠組み」という意味でも用いられます。
英語のschemeにあった「陰謀」や「たくらみ」という意味は、日本語の「スキーム」にはありません。

スポンサードリンク

特に「枠組み」という意味合いが日本語の「スキーム」には強く、「計画」と言っても、「枠組みのある計画」がより正確な意味になります。
事業計画といった、事業の枠組みを示す計画などがこれにあたります。そのため、事業計画は「事業スキーム」とも言われます。

以上のように、「スキーム」には「枠組みのある計画」という意味があります。

「スキーム」正しいの使い方は?

「スキーム」の意味を確認した上で、使い方をみていきましょう。

「事業スキームは滞りなく進んでいる」

この「スキーム」の使い方の場合、事業の「枠組みをもった計画」が順調に進んでいるということが分かります。

「昨日の金銭トラブルを解決するためには、スキームを作る必要がある」

この使い方だと、「金銭トラブルを解決するための枠組みのある計画」を作るということを意味します。

「明日までにスキーム図を作っといて」

この使い方で出てきた「スキーム図」とは、計画や枠組みを図で示したもののことを言います。「スキーム」はこのような使い方もできる言葉です。

このように使い方をみてみると、最近そこそこ使われるようになってきたとはいえ、まだまだ「スキーム」が使われることは少ないです。
ですが、今後頻繁に使われるようになる可能性は否めないので、ぜひ「スキーム」の使い方を覚えておきましょう。

スポンサーリンク

  • facebookシェア
  • twitterツィート
  • はてなブックマークはてブ
  • Google+Google+
  • RSSRSS
  • PocketPocket
サブコンテンツ

このページの先頭へ